花散る - 植物
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

花散る

花散るや斜線だらけの予定表



IMG_4183_convert_20200331053641.jpg



30日(月)志村けんさん(70)の訃報が流れた。コロナウイルスに感染したことが報じられて6日目の出来事である。身近に感染した人がいなかったのでどこかで呑気に構えていた自分がいたようだが、この訃報でコロナの本当の恐ろしさに直面させられたような気がした。
私「驚いたなぁ、まさか亡くなるとはなぁ……」
夕食を摂りながらの会話である。
妻「病院側だって相当に手を尽くしたんでしょうけどね」
私「どこかに疾患でもあったんだろうか?」
妻「4年ほど前に肺炎を患っていたらしいわよ」
私「なるほどなぁ。高齢者や基礎疾患のある人は要注意というけど、本当だなぁ」
妻「会社の人は大丈夫なの?」
私「今のところは大丈夫。明後日の全体朝礼で不要不急の外出についてはご家族も含めて自粛してもらうようにお願いする」
妻「そうね。じゃ、高尾山はキャンセルするからね」
私「えっ、なんで?関係ないじゃん!」
妻「関係あるでしょ。人にお願いする立場の人が山登りに出掛ける訳にはいかないわよ」
私「山は大丈夫だよ、誰とも接触しないし」
妻「する。ガイドの人もいれば、参加者同士で話もする」
私「しない」
妻「する。するしないの問題じゃなくて、これはモラルの問題だよ。キャンセルするからね」
私「じゃ、俺一人で行ってくるよ」
妻「自分が移らないだけじゃなくて、人に移さないことも重要だよ。貴方が感染したら完全に私にも移るんだからね。私を守ってくれないの?」
私「……」
妻「はい、キャンセルするよ」
私「しょうがないなぁ。富士山が消えてしまう……」
妻「消えないわよ。コロナが終焉すればいつだって行けるでしょ」
私「フ~」
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア