寒明ける - 時候
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

寒明ける

カラオケに声を嗄らして寒明くる



IMG_3357_convert_20200127212701.jpg



会社の設計担当者が溜め息を付いていた。
私「どうしたんだ、溜め息なんか付いて。溜め息は女が付くものだぞ。森進一の『女のため息』、知ってるんだろ?」
T君「いえ、知りません」
私「森進一も知らないのか?」
T君「森進一は知ってますけど、女の溜め息というのは……」
私「森進一のデビュー曲だよ。昭和40…2、3年かなぁ」
T君「すみません、社長、私は生まれていません」
そのやり取りがあってすぐにパソコンで「女のため息」を聴いてみた。
<オオ、いいなぁ。いい曲だなぁ……>
何事もハマりやすいタイプである。一度ハマるとしばらくは続く。車の中でスマホを使って何度も聴いていた。

昨年暮れ、寒川神社に向かっている時のことである。急にトイレに行きたくなった。コンビニを探したが見つからないので、入ったことはなかったが「ハードオフ」という店に飛び込んだ。駐車場がやたらと広い。店内の一番奥にトイレの表示があり、直進すると「トイレを使用する時は店員に声を掛けてください」との張り紙がされていた。盗難対策かも知れないと思ったので、少し離れた場所にいた店員さんに声を掛けてから使わせてもらった。用を済ませて出ると、声を掛けた手前もあり、そのまま帰る訳にもいかず<何か買わなければならない>と思った。思い付いたのが森進一である。『女のため息』が入っていることを確認してCDを一枚購入した。寒川神社に向かう途中で2、3回聴き、帰りには数え切れないくらい聴いたことは勿論である。毎日のように聴いて、ようやくこの頃飽きてきたところである。
先日、社長同士の集まりがあり、今年初めてのカラオケとなった。
H社長「日向さん、何を歌いますか?」
私「それじゃ、森進一の『女のため息』をお願いします」
H社長「おっ、珍しい。新曲ですね(笑)」
私「そうそう、今、森進一にハマっているところです(笑)」
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア