厄落し - 人事
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

厄落し

絵馬の字の「厄」は逆さま厄落し



IMG_2825_convert_20200114220650.jpg



昔の話になるが当社の社長が立て続けに不幸に見舞われ、どうしたものかと悩んだことがあった。平成6年に2代目社長が55才で亡くなり、5年後の平成11年に3代目が59才で亡くなり、その3年後の平成14年に4代目が60才で亡くなった。急遽、社長は5代目へと変わり、手続きや挨拶回りなどでドタバタとしていた頃のことである。あまりに良くないことが続くので一度正式に占い師に診てもらおうということになった。占いに正式があるかどうかは分からないがこの流れをどうにか止めたかったのである。いつもお参りに行く成田山の茶店の女将さんに頼んで一番当たるという占い師の店で「何が悪いのかを診てもらいたい」とお願いしたのである。5代目社長と当時常務だった私の生年月日はもちろん、お互いの女房の生年月日も知らせ、会社の敷地や建物の図面なども送った。その時に書いた手紙が残っている。
『ようやく暑さも一段落といった所ですが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことを思います。先日お送りした挨拶状の通り、社長が〇〇さんに交代し、こちらもようやく一段落といった所です。〇〇前社長は療養中ですが、あまりいい状態ではありません。トップばかりに災難が起こるのを我々下にいる者は不安な気持ちで見ています。昭和57年に現在地に移転してきたことが悪いのか、平成元年に行なった増築が悪いのか、玄関やら水回りやら、どこか建物の方角に問題があるのか、素人があれこれ憶測したところで始まるものではありません。一度専門家に診てもらい、正すべきところは正そうと考えています。言われた資料は同封いたしました。お手数ですがよろしくお願いいたします』
結果はすぐに出た。電話があり「何の問題もなし」とのことだった。
「何の問題もなし……?」
「問題なし」は喜ぶべきところではあるが、あまりに簡単なので拍子抜けしたものである。9月に成田山に行った際に、念のためにその占いの店にも出掛けて直接話を聞き、建物にもお互いの相性にも問題はないとの太鼓判をもらったのであった。ただしその時、最後に言われたのが「八方除け」についてである。
「こうも不幸が続いていては心配するのも当たり前。会社の近くに寒川神社があり、関東の一ノ宮となっているのでそこにお参りして八方除けのお祓いをしてもらうのがいい」とのことであった。「なるほど」と思った。「それで断ち切れるのであれば一度行ってこよう」ということになり、二人で出掛けたのであった。それ以来のこととなる。一度という訳にもいかず、毎年、暮れになると出掛けてお祓いをしてもらっている。昨年の暮れにも一年のご加護をお願いしてきた。18回目のお参りとなる。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア