月影 - 天文
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月影

月影や添へぬ恨みのおわら節



IMG_7834_convert_20180917171427.jpg



演舞場には1時間ほどいて「町流し」を見に行った。これを見なければ来た甲斐がないというものである。雨は完全に上がっていた。坂を上った辺りには出店があり、飲んだり食べたりしている人がいた。他のお祭の夜店と変わりない。
私「何か、飲む?」
妻「いい。大丈夫」
この「おわら風の盆」は私の強っての願いで実現した。妻が見たくて来た訳ではないので、彼女が気に入ったかどうかは気になるところである。「盆踊り?興味ないかなぁ(笑)」と言っていたのを覚えていて気になっていた。
通りに出てここが何町なのか分からない。11もある町の名前を覚えてはいない。それでも歩いていればどこかの「町流し」に出会うはずである。
すぐに人が集まっている場所を見つけた。「町流し」に違いない。しかし近づいて行っても歌や鳴物の音が聞こえては来ない。ようやく人の背中越しに町流しの姿を確認した。しかし音は聞こえない。ああそうか、小説の中にも書いてあった。<遠くから見ると無音の踊りの姿しか見えず、近づいて来るに従って歌が聞こえて来る>と。マイクなど使っていないので、近くに行かなければ音は聞こえて来ないのだ。先回りすることにした。地図に書かれた道を迂回して、踊りの正面で待ち受けることにした。踊りの列を先導して通路を確保するように係の人が誘導している。カメラを構えてより良い場所を占めようとする人に向かって「下がってください」と頼んでいる。踊りの先頭が見えてどんどんこちらに向かって近づいて来るのだが、その時でも自分の居場所が確保できないでいる。強引に場所を取ろうものなら演舞場の団体客と同じ轍を踏むことになる。前の人の肩越しに横の人に押されながら通り過ぎる「町流し」を眺めていた。
行き過ぎるのを待って次の「町流し」を求めて歩き始めた。しばらくするとすぐにまた出会った。しかしまた道は塞がれている。踊りを見ようにも人、人、人である。「27万人を連れて帰ってよ」と言った人の気持ちが分かるような気がした。諏訪町と西町、それに鏡町の「輪踊り」を見て集合場所の駐車場に向かった。虫が鳴く川沿いの道は暗く、人が溢れ返った本通りよりもなぜか「風の盆」らしさを感じてしまったものである。

小説「風の盆恋歌」に描かれていた無音の踊りのシーンを書いておこう。それこそが見るべき「風の盆」なのかも知れないと帰りのバスの中で思っていた。
『足音のない踊りは、灯の数が少なくなった町筋を影絵の動きを思わせながら進んで行く。
(中略)その位置からは、胡弓の音も歌の音もなく、二列に坂をのぼるぼんぼりの灯の間を、踊りだけが宙に漂いながら揺れて近づいて来る。どこかに操る糸があって、人形の列を思いのままに動かしているように見えた。
「あなた、これは、……ねえ、この世のものなの」
(中略)踊りが近づいて来る。胡弓の音が耳に入り、歌が聞こえ始めた。踊り手たちは目深にかぶった笠の下で、ひたとやや斜め下を見つめながら、漂いつつ二人の前をすぎて行った。』
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア