竜天に登る - 時候
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

竜天に登る

雲を呼び海を逆巻き竜天に



securedownload_convert_20180530211117.jpg



5月14日の日本経済新聞に「両陛下が横山大観展を鑑賞」という記事が載っていた。前日の13日に天皇皇后両陛下が東京国立近代美術館で開催されている「生誕150年──横山大観展」を鑑賞されたという記事である。<40メートル超の水墨の絵巻「生々流転」など作品約90点を鑑賞。陛下は木炭で描かれた絵の前で「いろいろな試みを当時したのでしょうね」と感想を述べるなど、約20分にわたり皇后さまと熱心に見て回られた。>と書かれていた。
「20分とはいやに早いなぁ」と思った。

私達が見に行ったのがゴールデンウィーク後半の5月4日である。開館時間10時を目指し8時半には家を出て、電車を乗り継いで10時ちょうどに到着したのだがすでに会場は満員状態になっていた。「10時の開館というのは間違いだったようだなぁ」と独りごちた。入場した途端に人が溢れていて作品の前に進めない。人の流れに身を任せるようにしながら作品に近づいて行くようである。しかもじっくりと見たいと思っても後ろが押されるので先に進むしかない。ゆっくりと押し出される<ところてん>のような感じで見ていった。全ての作品を見終わって出てきたのは11時半である。大きく溜め息を吐いたのは作品の素晴らしさに圧倒されたばかりではないようである。話題の「生々流転」もところてんのようにして見た。見始めから終わりまで15分掛かったので、両陛下の全てで20分というのが如何にも早く思えたものである。人のいない会場を専門家のガイド付きで回れば、そのくらいのものかも知れないと考えていた。
それにしても素晴らしい作品ばかりであった。「生々流転」はもちろん、「富士の絵」や「華厳の滝」、「ナイヤガラの滝と万里の長城」の一対の金屏風など、溜め息の出るような力作ばかりである。
外に出て飲み物とサンドウィッチを買い、テラスで休憩した(写真)。
「いやぁ、龍を見逃しちゃったかと思ったよ」と私。
「何の龍?」と妻。
「生々流転の最後に描かれていた龍だよ。海が荒れて雲が沸き、全体のトーンが黒ずんできたので、てっきり最後に大きな龍が描かれているだろうと思っていたので、見つけられずに終った時は慌てたよ。もう一度、列に割り込んで覗いてみたんだけど、龍は思ったよりも小さく描かれていて、なるほど、この描き方が大観先生の落とし所だったんだなぁと納得した次第。確かにあそこに健さんの彫り物のような龍が描かれていたとしたら漫画になっちゃうからね(笑)」
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア