春の雲 - 天文
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

春の雲

悠々とどこへ行くのか春の雲



IMG_6546_convert_20180430182223.jpg



5月の連休が来て、新田義貞と足利尊氏の太田市、足利市を訪ねる時が来た。どこに泊まろうかから始まった。
インターネットで「新田義貞ゆかりの湯」と検索し、太田市にある「藪塚温泉」を見つけた。その中でもいい宿をと探して気に入った宿を一軒見つけた。しかし連休は予約が一杯で、僅かに4月28日(土)だけが空いている状態だった。連休の初日である。早過ぎるとは思ったが、最初にやるべきことをやるのだからそれも良いと思った。妻に連絡して申し込んでもらうことにした。こういう手続きは任せた方がよい(笑)。「本当にここでいいの?」と確認があったが、「オッケー、オッケー」と軽く返事をして次の作業に移ることにした。次の作業とは行程表の作成である。宿が決まればあとは楽なものである。すぐに妻から<宿の予約完了>の連絡が入った。

当日は朝3時半に起きて4時には家を出た。いつもの朝駆けである。コースは先日の軽井沢に行く時に教えてもらった東京の山手トンネルを通るコースである。初めて自分の運転で走る道だがナビがあるので簡単である。全て順調に進んで行った。途中、車の中では音楽を聴いて行った。たまたま取り出したのが井上陽水である。我々が10代20代の頃の曲なので、懐かしさはこの上ない。何曲目かに「人生が二度あれば」が流れた。
<父は今年二月で六十五……>
「いやぁ、65かよ。自分がこの曲の父親と同じ年になるとは思わなかったなぁ」
「そうよねぇ、あっという間よねぇ」
<湯呑みに写る自分の顔をじっと見ている……>
「いや、俺は湯呑みの中を覗き込むなんてことはしたことがない(笑)」
「そもそも、顔が写るとは思えない(笑)」
最初の目的地は高崎の実家の墓参りである。
「『おうい雲よ』の山村暮鳥って高崎出身なんだよね」
「えっ、そうなの、知らなかった。あの『どこに行くんだい、馬鹿に呑気そうじゃないか』という詩でしょ」
「そうそう。さっきから雲を探しているんだけど今日は一つもない。本当の快晴だ」
向かうお寺の名前が「向雲寺」である。写真はそのお寺の墓地にある六地蔵。奥に聳えるのが高崎市庁舎である。

おうい雲よ
ゆうゆうと馬鹿にのんきそうじゃないか
どこまで行くんだ
ずっと磐城平の方までゆくんか
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア