四月馬鹿 - 人事
background movie

四月馬鹿

空手形切つて溜め息四月馬鹿



FullSizeR_convert_20170404052535.jpg



借りた日の土曜日は会社があり、習字があり、家族で食事に出掛ける予定があったりしたので読む暇はなかったが、翌日曜日は目が覚めるとすぐに読み始めていた。プロローグでいきなり強姦シーンである。「相変わらずだなぁ、田中さん」と思いながらもストーリーの展開の速さに引き込まれていく。途中、用事があって出掛けたりしながらも夜中には一巻読み終えていた。
月曜日は祭日だったので火曜日に田中さんにメールを送った。
「お早うございます。このたびはまたまた面白い本をご紹介くださいまして有難うございました。早速読んでみましたが『さすが、船戸与一!』でした。息もつかさぬ面白さで一気に読み終えました。すぐに次が読めないじれったさを味わっております。次回お会いするまでが長そうです」
折り返しメールが返ってきた。
「日向さんは私にとって大切な書友(読書を共にする友人)です。まずは船戸与一の男のロマンの世界を共有しましょう。ありがとう」

1週空けて4月1日(土)、田中さんはやってきた。
「面白かったでしょう。いやぁ、日向さんは最高だよ。日向さんと本の面白さを共有できるというのはこの上ない喜びだよ。ありがとう、ありがとう。重くて全部は持ってこられなかったけど、まずは4冊。あの4兄弟に自分を重ね合わせて読んでいると、まさに歴史のど真中にいるような錯覚に捉われるよ。これぞ血沸き肉躍る世界っていう感じだよね。返さなくていいからね。読み終えたら次に日向さんがいいと思う人に譲ってあげてよ。きっとその人も喜ぶに違いないから(笑)」
朝からテンションが高い。しかも笑顔が素晴らしい。豊かな人生を送っている人であることが分かる。一緒にいてとても心地良い。私もこういう人物になりたいと心の底から思う。
それにしてもあと8巻……フーと溜め息を付きつつ、満州は遠いなぁとも思う(笑)。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア