啓蟄 - 時候
background movie

啓蟄

啓蟄の砂に埋もれて砂の風呂



IMG_2076_convert_20170220222324.jpg



JTBが企画した今回のコース、実は4年前に同じようなコースを夫婦で巡っている。あまりにも行先が一緒なので一瞬参加を躊躇したほどである。前回は自分で見たいと思った場所を選び、それに沿って宿を決め、レンタカーで回ったのだが、ツアーコースがこうも一緒になろうとはと驚いたものである。私の企画力も満更ではないらしい。私が選んだコースというのが(1日目)空港でレンタカーを借り、霧島神宮に参詣し霧島温泉に泊まり、(2日目)黒酢の壺畑を見、桜島に登り、フェリーで鹿児島へ渡り、西郷隆盛に因んだ場所を巡り市内宿泊。(3日目)知覧、武家屋敷を見て指宿温泉宿泊という3泊4日のコースである。今回は2泊3日なので桜島も鹿児島市内観光も省かれ、その代わりにイッシーの池田湖と開聞岳、宮崎日南の鬼の洗濯岩の2か所が加えられたというものである。どちらかと言えばその2か所より鹿児島市内を選んで欲しかったのだが、歴史に興味のない人が立てたプランのようで完全に「せごどん」が外されている。
仙巌園のあと「熊襲亭」という料理屋で昼食を摂った。ビール、お燗、冷酒、焼酎と短時間であれやこれやと空瓶が並んだ。バスに乗り込んだ途端、グッスリと寝込んでしまい、目が覚めると池田湖畔である。トイレ休憩かと思いきや、そこで1時間の見学時間と取ると言う。ボーッとした寝起きの頭でイッシーならぬ大ウナギを見学し、ソフトクリームを舐めながら湖畔散策。開聞岳は美しかったが、ほかに見るべきものもない場所での1時間は何のためだったのかとプランを立てた人の気持ちを訝しく思った。

旅館は「白水館」。最高級の宿である。部屋の広さと豪華さには驚かされた。昨年の金沢の「加賀屋」以上に思えた。風呂はもちろん砂風呂である。着替える場所は別々だが、砂場に入ると男女一緒である。妻と並んで横になるとすぐに砂を掛けられた。その重いこと、熱いこと。係員の説明では「時間は10分か15分位です」と言うので「随分と短いものだなぁ」と思ったのだが、なるほどそんなに長くは入って居られないような重圧感である。入るや否や女性が「写真は如何ですか?」と声を掛けてきた。「えっ、写真を撮ってくれるの?お願いします」「一枚1000円になります」「あっ、サービスじゃないの?しっかりしているねぇ(笑)」砂から顔を出しただけの姿を撮ってもどうかとは思ったが、これも旅の思い出である。頭の下に枕を置かれ、撮影用の唐傘をバックに1、2枚写して「はい、オッケーです」といとも簡単に終了である。なんと商売上手であることか。砂に埋まっていては「手も足も出ない」。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア