梅雨長し - 天文
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

梅雨長し

被害者に加害者に嗚呼梅雨長き



IMG_5774_convert_20200709193238.jpg



翌日は保険処理である。朝9時になってまずは保険代理店に電話をした。担当は顔見知りの女性である。コロナの影響で在宅勤務となっていた。事故の状況や相手の連絡先、警察の連絡先などを伝えるとすぐに保険会社に連絡するので折り返し担当者から一報が入ると言われた。電話を切ってすぐに保険会社から電話が入った。<いやに早いなぁ>と感心した。テッキリ今話した代理店から連絡が入った保険会社だろうと思い話し始めると保険会社は保険会社でも相手方の保険会社だと分かった。9時15分である。相手は早々に連絡を済ませたようである。
車の修理屋にも電話を入れた。すぐに対応しますと返してきた。
担当「日向さん、まずは保険会社の担当者を教えてもらわなければなりません」
私「分かった。すぐに連絡が入るはずだから掛かってきたらすぐに伝える」
ところが待てど暮らせど私の方の保険会社からは電話が入って来なかった。10時になり11時になり、待っていても一向に掛かって来ないので再び保険代理店の女性に掛けてみた。
私「もしもし、まだ掛かって来ないんだけど……」
女性「あらっ、社長、すみません、まだ連絡してませんでした」
私「えっ、どうして」
女性「最初に簡単な書類を作らなければならないんですが、それがまだ出来てなくて……」
私「もう11時半だよ。いつ出来るの?9時15分には向こうの保険屋からは連絡が来てるよ」
女性「はい、すみません。すぐやります」
その日、保険会社から電話が入ったのが2時である。私のようなセッカチな人間には考えられない対応の悪さである。9時15分と2時の違いは何なのかと考えたものである。
保険担当「日向様、事故の状況からしますとおそらく責任の度合いは2、3割が日向様、7、8割が相手様ということになろうかと思います」
私「3割はないなぁ。もちろん0はないことは分かっているけど、3割と言われるとおそらく納得できない」
保険担当「分かりました。それを受けまして私どもの方で相手方としっかりと交渉させていただきますのでお任せいただけますでしょうか?」
私「お願いします」

修理屋からも電話が入った。
担当「日向さん、今保険屋さんから連絡が入りまして保険の内容を確認したんですが、ご加入の保険には今回のケースではレンタカー代が出ないことになっています。修理に1週間ほど掛かるようです。車をお預かりしている間、お車は大丈夫でしょうか?」
私「代車がないと困るよ。何とかしてよ」
担当「1日5000円掛かりますが……」
私「そんなことを言ってるようじゃ、縁もここまでだな(笑)」
担当「はい、分かりました。何とかします」
いずれにしても事故をやると面倒なものである。「雨の夜道は要注意」と肝に銘じた。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア