日傘 - 人事
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

日傘

富士見坂日傘の一歩また一歩



IMG_5406_convert_20200615202341.jpg



長女「お巡りさんは何だって?」
私「お巡りは最初、堂本君に謝れという」
長女「えっ、なんで?」
私「なんでだったかどうかは忘れたが、金持ちに依怙贔屓の時代だったのかぁ。しかし、やはり金持ちが悪いということになる。金持ちが謝ったかどうかは忘れたが、最終的には自分の犬ばかり可愛がって人の犬を思いやらない心は醜いということになったんだよ。やはり心だよ、心。一件落着してまた力を合わせて大八車を押して行ったという話だよ」
長女「子犬はどうなったんだろう?」
私「……」
妻「何でまた、そんな話を思い出したの?」
私「だって、引越しだからだよ」
妻「引越しじゃないよ。引越しはとっくに終わって今日はお披露目会だよ」
私「同じようなもんだよ」
長女「そういえばこれから行く所に坂があるんだ。家のすぐ近くなんだけど……」
私「おお、堂本さんの引越しと同じだなぁ(笑)」
長女「その坂に俳句が書いてあった。坂の名前にもなっていた」
私「どんな俳句?」
長女「詳しくは覚えてないけど仕事帰りの旦那さんを思いやるような俳句だったと思う。これから通るから見てみて」
私「そんな思いを書くのは俳句じゃなくて和歌なんじゃないか?」
長女「えっ、どうだろ」
私「俳句は五七五、和歌は五七五七七だよ」
長女「どっちかなぁ。長かったかなぁ、短かったかなぁ(笑)」

写真の和歌が掲げられていて坂の名前にもなっていた。「妻恋坂」。名前を変えたのは最近のことらしい。念のために掲げておく。
『お仕事に疲れて帰る道すがら愛しき妻に急ぐこの坂』

飲み過ぎて昼まで寝ていた日曜日。ぼんやりと「坂道」のことを考えていた。
<いつ読んだっけかなぁ……>
磯子図書館か金沢図書館か、どちらかで読んだような気がする。もう20年以上も前のことである。堂本君と金持ちの主人はどんな言い争いをしたのだろう、お巡りさんのジャッジは正しかったのかどうか、子犬はどうなったのか、質問されても答えようがないほどに忘れていた。もう一度読んでみたいが頭が痛くて図書館に行く気にもなれない。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア