2020年05月の記事 - ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ひこばえ


2020年05月の記事

端居

人同じからず端居の人もまた



IMG_4778_convert_20200425131155.jpg



呑兵衛会のその後のことを書いておこう。旅行や飲み会はもちろんその後も続いていたが、私も守屋さんも役員そしてその後の社長を務めるようになり、それまでと同じように気楽に騒いでもいられなくなって自然と回数も減っていったようである。7人のうち最初に会社を辞めたのが守屋さんである。平成14年に社長になり、2年勤めて会長となり、その2年後に引退している。平成18年9月15日、66才での退職である。
2番目に辞めたのが野田さんである。彼は工場の中で社内外注として働いていたが、守屋さんが辞めた同じ年の12月末で辞めている。辞める前に一悶着あった。前年6月に社長だった私が一人の取締役の職を解いた。私にとっては苦渋の決断だったが明確な理由があった。しかし野田さんの目には非情なやり方に見えたようである。「日向さんよ。あまりに冷たいやり方じゃないか」「野田さん、傍から見るとそう見えるかも知れないけど良く考えた上でのことだから間違いない。これしかなかったんだ」「だけど今まで一緒にやってきた仲じゃないか」「今までとこれからは違う。俺がそうした理由を説明しよう」「説明なんていらないよ。日向さんは頭がいいからそれなりの理由を挙げるんだろうけど、俺には付いていけない」「理由も聞かないで批判されるんじゃ困るなぁ」それから1年ほど口も利いてくれない状況が続いて辞めていった。辞めて5、6年して会社を訪ねて来てくれたことがあった。会社に飾っている自分の絵を見に来たようである(写真)。「上手くいっているようだね」「まずまずかな(笑)。まだ怒ってるの?」「ああ、あの時のこと?守屋さんからも話を聞いたりしたけど、まぁ、日向さんらしいと言えばそうなんだろう。社長にしか分からない苦労もあったんだろうなぁ(笑)」「誤解があったとしたら許してよ」「とっくに許してるよ(笑)」
3番目が佐久間さんである。平成18年に定年を迎え、その後1年間勤めてくれたが、身体がキツイといって平成19年6月29日に退職していった。塗装の職場だった。61才。今はビル掃除の仕事をして働いていると噂に聞く。会っていない。
4番目が好川さんである。定年後も勤めてくれていたが、足の血管が異様に膨れ上がる病気に罹っていた。医者には通っていたが一向に良くならない様子でビッコを引いていた。「酒の飲み過ぎから来たんじゃないの?」「酒?ああ、あれは薬。大丈夫、大丈夫。へっちゃら、へっちゃら(笑)」仕事が踏み台を上がったり下りたりする内容なので辛そうである。仕舞いには工場の2階の階段が上がれないという状態にまで悪化していた。「好川さんよ。そんな身体では仕事出来ないんじゃないの?医者は何と言ってるの?」「痛いのは今だけ。すぐ治る」「だって階段も上がれなくなってるじゃん」「上がれる、上がれる。平気、平気」「まず、ちゃんと治しておいでよ。治ったらいつでも働かせてやるから」「社長!今、治った。治ったから大丈夫」「……」「治ったら本当に雇ってくれる?」「大丈夫だ。約束する。治して来い。医者の言う通りにしっかり治して来い」平成21年6月4日のやり取りである。その後しばらくして、家に電話しても出なくなり、訪ねて行ったアパートは空き家になっていた。
坂口さんのことはブログにも書いた(平成27年3月16日、ひこばえ「料峭」)。平成23年4月28日に退職し、平成27年3月2日に死亡した。
今も会社に残っているのは私と庄司さんだけである。庄司さん78才。酒は最近あまり飲んでいないようだが仕事は一生懸命、毎日元気に頑張っている。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア