2018年11月の記事 - ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ひこばえ


2018年11月の記事

秋惜しむ

来た道を戻りて秋を惜しみけり



IMG_8159_convert_20181010213227.jpg



金峰山を先に出た私だが、朝日岳の手前でまたまたマリオ一家に追い抜かれてしまった。マリオ、お兄ちゃん、お父さん、お母さんと進む順番は変わらない。
私「1日に3回も抜かれてしまった(笑)」
お母さん「私ももう限界に近い(笑)」
私「降りる時に苦労した急坂だからここが一番の難所かな。どうぞ先に行ってください。私はゆっくり行かせてもらいます(笑)」
息絶え絶えに辿り着くと上で一家は待っていてくれた。
マリオ「おじちゃん、遅いね」
私「いや、これでも全速力で上がって来たつもり(笑)。マリオの帽子を被っていればもう少し速くなれたかも」
マリオ「この帽子、ドンキホーテで買ったんだ」
私「いいとこで買ってもらったなぁ(笑)」
しばらくして一家が先に出発することになった。
マリオ「おじさん、おじさんの車は何番?」
私「?? どういうこと?」
マリオ「おじさんの車の前で待ってるから」
私「ああそういうことね、869、白い車だよ」
マリオ「オッケー、じゃあ、先に行って待ってるからね」
一家が出てしばらくして歩き始めた。来た道を戻るというのも面白いものである。
「こんなに歩いて来たっけかなぁ」と信じられない感じがする。長い長い一人旅である。朝休んだケルンの手前まで来たところで後ろから勢いの良い軽快な足取りで近づいて来た。道を避けて先に行かそうとした。
男性「あれっ、今朝、話をした方ですよね」
私「ああ、静岡の人」
男性「お疲れさまでした。やっぱり生憎の天気でしたね」
私「あれっ、もう1カ所登ってくるって言ってたんじゃなかったっけ」
男性「この天気ですから止めました(笑)」
しばらく一緒に歩いていたがスピードが違う。すぐに取り残されてまた一人になってしまった。
車に戻ったのが11時20分である。男性が待っていてくれた。お互いの自己紹介となった。
男性「ヤマレコというのをやっています。アイドルネームはryokikiです。見てくれると嬉しいです(笑)」
私「見ます、見ます。しっかりチェックします(笑)」
その時である。1台の大きなキャンピングカーが我々の横に近づいてきた(写真)。
マリオ「おじさーん、さようならー、ありがとー」
私「オオオオ、スゴイ車じゃん、こんなのに乗ってたのかぁ。1枚だけ写真撮らせて」
お父さん「ブログ、楽しみに待ってます。ありがとうございました」
私「こちらこそ、ありがとうございました。しっかり書きまーす(笑)」
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア