2018年10月の記事 - ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ひこばえ


2018年10月の記事

秋晴れ

秋晴れやあの山頂にいざ立たむ



IMG_8111_convert_20181006174320.jpg



思い立ったが吉日である。早朝ウォーキングも1週間続いて山登りの本も買って来た。まずは行く日を決めなければならない。今回、妻の不参加は決定的である。
<よし、一人でも行こう!>
本の情報によると10月中旬までが最適な時期のようである。
<それを過ぎると寒くなるということだろうか?>
よく分からないがそのギリギリの10月13日(土)に行くことに決めた。泊まる場所は「行者小屋」か「赤岳展望荘」のどちらかのようである。1時間ほど離れていて、山頂に近いのが展望荘である。初日に1時間余計に歩くか、翌日にするかの違いである。会社に詳しいのが一人いるので聞きに行った。井手君という。
私「山小屋を予約するんだけど、どんな感じなの?」
井手君「私が泊まったのは大部屋でゴロ寝でした。布団1枚敷いてあって寝るだけでした」
私「寒そうだねぇ。どっちに泊まったの?」
井手君「私は赤岳展望荘です。初めに行った所が満杯で『上に行ってみろ』と言われて行ったら空いていました」
私「そこも一杯だったとしたら野宿か?」
井手君「そんなことはないですよ。なんとか泊めてくれると思いますよ」
私「結構いい加減だなぁ(笑)。予約して行かなかったんだ?」
井手君「は、はい。あまり予約とかはしません」
井手君はベテランである。会社が休みのたびにどこかの山に登りに行っている。筑波山も鍋割山も彼に聞いてから出掛けている。
私「赤岳は体力的にはどうなの?筑波山や鍋割山に比べてキツイの?」
井手君「あそこはガレ場とかありますので歩きにくい所もありますが、鍋割山を登ったんですから大丈夫ですよ。私はそのコースじゃないコースを歩いていますのでハッキリは分かりませんが大丈夫だと思いますよ」
私「そうか、大丈夫か。行くまでにもう少し足腰を鍛えておくよ」
井手君「社長、あんまり無理しないでくださいよ。特に天候にはよく注意してください。予報を見てあまり天気が良くなさそうな時は中止した方がいいですよ」
私「分かってる、分かってる、大丈夫だよ」
井手君「無理して出掛けるのが一番良くないですから……」
私「オッケー、オッケー、大丈夫だって」
さっそく山小屋にメールで「個室、朝夕2食付」を申し込んだ。8月29日のことである。
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア