2018年06月の記事 - ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひこばえ


2018年06月の記事

花あやめ

うとまるるほどに愛らし花あやめ



縺ゅd繧\convert_20180525191646



5月21日の夜、小林真弓さんから電話があった。すぐに<5月14日にアップしたブログの件だなぁ>と思った。
「もしもし、こんばんは、日向です(笑)」
「小林です。夜遅くに済みません。この時間帯じゃないといらっしゃらないかと思いまして」
「大丈夫ですよ、少し前に帰って寛いでいたところです」
「日向さん、ブログに私のことを書いてくださいまして有難うございました。まさか私の名前が出るとは思っていませんでしたので本当に驚きました。でも嬉しかったです」
「ありがとうございます。思い出の小町通りですから(笑)」
「でも日向さん、実はあの句は私の句ではないんです。鈴を買うなんて詠んだことありませんので」
「えっ!嘘でしょ。小林さんの句ですよね。ずっとそう思ってましたが……」
「いいえ、どう考えても私ではありません。日向さんと同じように私もあの時の手帳を出して調べてみましたが、どこにも書いてありませんでした。どなたかとお間違えになったようですね」
「そうなんですか。18年間も小林さんの句だと思い込んでいました。手帳の最後の最後に書かれていましたから、もちろん句会に出された句ではないと思っていましたが、いいフレーズなので記憶に残っていました。鎌倉に行くたびに口ずさんで、そのたびに小林さんを思い出していました」
「あらっ、嬉しい。そうやって思い出してくれていたなんて、たとえ勘違いでも嬉しいです(笑)」
「俳句は続けていられるんですか?東京の句会だったと思いますが……」
「あそこはやはり通い切れなくて……いまは地元の俳句サークルで楽しんでいます。でも道川先生のような方がいる訳ではありませんので、仲の良い友達とお会いするのが目的のようになっています。駄目ですよね、先生に叱られます」
「先生あっての句会でしたからねぇ。私も同じようなものです。一向にレベルが上がってきません(笑)」
「でもブログがとても楽しくて俳句もいい感じですよ。いつも読ませてもらっています」
「ありがとうございます。もう少し上手い句が作れるように頑張ります。今度また忘年会ということになりますかね」
「そうですね、楽しみにしています。久し振りにこんなにお話が出来て嬉しかったです」
「こちらこそ。本当にありがとうございました。衝撃の小町通りになってしまいましたけど(笑)。また電話してくださいね。お待ちしています」
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア