天文 - ひこばえ
background movie

ひこばえ


天文 カテゴリーの記事

春疾風

首塚や討たれし時も春疾風



IMG_2764_convert_20170405193257.jpg



幸手インターを降り5分ほど走った所に浄誓寺はあった。あたりは広大な畑である。山門を潜ると正面に本堂があり、その裏に首塚があった。周囲をコンクリートブロックに囲まれ、高さ3メートルほどの塚になっている。頂上に五輪塔が据えられていた。入口にあった説明書きでは上の3つは後世のもので、下の2つが江戸時代以前のものということである。「北葛飾郡内最古の五輪塔の可能性が高い」と書かれていたが、いやに狭い地域に限定しており、しかも「可能性が高い」という言い回し自体が何とも頼りない。
平将門は新皇となった僅か3ヵ月後の天慶3年(940年)2月14日(陽暦3月30日)、俵藤太(藤原秀郷)と平貞盛の連合軍に敗れ36才で討死している。首級は京まで送られて晒し首となったが、3日目に夜空へ舞い上がり、故郷に向かって飛んで行き、あちこちに落ちたという言い伝えになっている。最も有名なのが東京大手町の首塚である。すなわち、浄誓寺山門前の立札に書かれていた「愛馬が運んできた云々」というのは俄かには信じられないことなのだが、真実が分からない今となっては各地に伝わる言い伝えこそが手掛かりでありロマンなのである。
将門の最期についての文章を載せておこう。(吉川英治「平の将門」より)

乱れ立った敵陣のさまを見て、
「かかれっ。貞盛の首、秀郷の首、二つを余すな」
将門自身、馬を躍らせて敵の怒濤のなかへ没して行った。(中略)
まさに、乱軍の状である。いや、坂東の土が生んだ、将門という一個の人間の終末を、吹き荒ぶ砂塵と風との中に、葬り消すには、まことに、ふさわしい光景の天地でもあった。
将門はもう、将門という人間ではなくなっている。一個の阿修羅である。(中略)
刹那、彼の顔に矢が立った。
「…………」
何の声もなかった。
戦い疲れた顔が兜の重みと矢のとまった圧力に、がくと首の骨が折れたようにうしろへ仰向いたと見えただけである。
馬から、どうと、地ひびきを打ってころげ落ちた体躯へ向って、たちまち、投げられた餌へ痩せ犬の群れが懸るように、わっと、真っ黒な雑兵やら将やらが、寄りたかっていた。あっけなく、天下の騒乱といい囃すには、余りにも、あっけなく、相馬の小次郎将門は、ここに終った。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

風光る

快速が飛ばし行く駅風光る



IMG_2388_convert_20170405211602.jpg



座間市にある取引先の会社に当社で行っている活力朝礼を勧めたところ、話を聞いてみたいということになり、月曜日の午後5時に指導員を連れて訪問することになった。実際のやり方を見てもらうために従業員の皆さんにも待っていてもらうことになった。指導員の先生には予定をやり繰りしてもらい30分前の4時半に南林間駅で落ち合うことにした。
予定を立てた翌日、知人から電話が入った。埼玉県にある会社で社長室と応接室を立派にしたいという話があり、日向さんの会社を紹介しておいたので対応してもらいたいとのことである。「有難うございます。了解です。対応させていただきます」と答えたことは勿論である。先方の社長からすぐに電話が入った。「時間指定して悪いのですが、来週の月曜日に営業マンを寄こしてもらいたいのですが大丈夫でしょうか?」とのこと。座間に行く日と同じ日である。営業マンだけでいいとその社長は言うのだが、ご紹介でもありそういう訳にもいかない。埼玉と座間ってどれ位離れているのだろう。移動にどれ位時間が掛かるのだろう。頭の中であれこれ考えたが一向に分かるものではない。しかも電話の感じでは相当に気の短そうな社長である。座間の時間は動かせないので、中4時間も取っておけば大丈夫だろうと思い、昼1時にお邪魔することを約束した。

会社に戻り、担当する営業に聞いてみた。
「行きはどうにでもなりますが、帰りは微妙だと思います」
「えっ、そんなに時間が掛かるのか?」
「先方での打ち合わせが1時に始まり、どれ位掛かるか分かりませんよね」
「そりゃそうだが、1時間もあれば大丈夫だろう」
「いやぁ、こればかりは内容次第ですので……」
「座間まではどれ位掛かる?」
「少なくても2時間以上は掛かると思います。ましてや、渋滞した時は動かなくなりますよ」
「うーん……」
確かに1時では余裕が無さ過ぎたかも知れない。一瞬、営業だけで行かせようかとも思ったが、初めてのお客様でもあり紹介者のこともある。困った!と思った時、電車はどうだろうかと思い立った。
「電車はどうだ。間に合わないか?」
すぐさまインターネットで検索して調べてもらうと、南林間駅に4時半に到着するには大宮駅で2時50分の電車に乗れば大丈夫ということが分かった。快速電車に乗るという。
「おー、全く問題なし。充分、充分。よし、それで行こう!」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

つちふるやかの満州に馬賊あり



IMG_2569_convert_20170404052639.jpg



一昨年の10月26日のブログ「燈火親し」に書いた田中さんのことを再び書かなければならない。あの時は一杯飲んで品川から戻り、上大岡で乗り換えた電車の中で田中さんに会ったのだった。そこから杉田駅までの僅か4分の間に是非にと勧められた船戸与一の「砂のクロニクル」。あれだけ熱心に勧められたのでは読むしかないと上下2巻を読み切ったのだが、それ以降も会うたびに船戸与一の面白さを語ってくれていたのである。

3月18日(土)の早朝勉強会に久しぶりに田中さんが見えた。
「お早うございます。久し振りですね」
「いやぁ、日向さん、相変わらず元気そうだねぇ」
「田中さんの笑顔には敵いませんよ。見習いたいものです」
「日向さん、今、何か読んでいるの?今日はいいのを持ってきたんだよ」
「これから読もうと思う本があり、今アマゾンから届くのを待っている所です」
「ちょうど良かった。それならその前にこれを読んでみてよ」
「また船戸与一じゃないでしょうね」
「当たり。これは凄いよ。絶対にお勧め。彼の絶筆だよ。これを書き終えるまで死ななかった執念は凄いものだよ」
「また、中東ですか?」
「いや、今度は満州」
「満州!」
「壮大なドラマだよ。まさに血沸き肉躍る世界だよ。絶対に面白いからまずは一冊読んでみてよ」
「何巻あるのですか?」
「全部で9巻」
「えっ!9巻も……」
「大丈夫、大丈夫、日向さんなら、あっという間に読んでしまうから」
「相変わらずだなぁ」
「いやぁ、日向さんが読んでくれると思うだけで本当に嬉しくなっちゃうんだよ、ありがとう。今日は一冊しか持ってきていないけど、次はまとめて持ってくるから」
「ひゃー、強引だなぁ(笑)。読むかどうか分かりませんが、それでは一冊だけはお借りします」
「ありがとう、ありがとう。いやぁ、日向さんは最高だ。絶対に読んでくれると思った(笑)」
ということで、第1巻目の「風の払暁」(満州国演義1)を借りることになったのである。
(注)霾(つちふる)とはモンゴルや中国大陸から強風に吹き上げられ、大空を渡って降ってくる黄砂のことである。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

春雨

春雨もまた佳し旅の始めとす



IMG_2470_convert_20170312073952.jpg



三重県伊賀市の倫理法人会で講演することになった。私を倫理に導いてくれた友人からの誘いである。断るわけにはいかない。というより、ずっと断り続けてきたのだが、いよいよ断りきれなくなってしまったといった所である。伊賀市には2年半前の秋に訪れている。あの時はその友人の会社の工場と朝礼風景を見学することが目的だったので、ホテルの近くにあった松尾芭蕉の生家もよく見ないで悔しい思いをしている。この話が来た時に真っ先に思い浮かべたのがそのことである。講演よりも芭蕉であり、今回こそは見てやろうと張り切ったものである。同行する当社の工場長に生家見学の時間を取るようにお願いしたことは勿論である。
出掛けに本棚から岩波文庫「芭蕉紀行文集」を取り出した。これは「奥の細道」を除くすべての紀行文を纏めたもので「野ざらし紀行」「鹿島詣」「笈の小文」「更級紀行」などを収めている。随分と昔に買ったものなので一部のページが解れたりしている。その中に芭蕉が故郷の伊賀上野に帰った時のことが書かれてないかと探してみると「笈の小文」の中に「旧里や臍の緒に泣としの暮」の句があり、帰郷した時に詠んだものであることが分かった。その前後の文章を丁寧に読んでみると面白い記述があった。無季の句についてである。
四日市市の「日永の里」という所で馬を借り「杖つき坂」に差し掛かった所で荷鞍が落ちてしまい、酷い目に遭ったようである。「歩行(かち)ならば杖つき坂を落馬哉」と詠んでいるが、この句に季語はない。そのことを「物憂さのあまり、ついに入れずに」と書いている。350年も前に季語がないことに拘っている所が面白い。また俳聖と呼ばれた人にも直せない句があった所が面白い。俳句の面白さ奥の深さを改めて知る瞬間である。

名張駅に到着しタクシーで芭蕉生家へ向かう途中、雨が降ってきた。天気予報は晴れだったので傘は持ってきていない。しかし「雨もまた良し」である。これもまた旅の楽しさであるなどと言いながら、同行する曽良ならぬ当社の工場長に「杖つき坂」の話をし、この雨を句に詠む楽しさを語ったものである。俳句をやらない工場長が面白いと思ったかどうかは私の知るところではない(笑)。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

春風

春風に四股踏む真似の泥着かな



IMG_1808_convert_20170207214641.jpg



外に出て9時40分。中にいたのは正味10分程度である。これではカズ君が相撲嫌いになってしまう、そう直感した私は慌ててもう一つの荒汐部屋を訪ねてみることにした。こちらはガラス越しの見学なので睨まれることはない。車を走らせ大急ぎで駆けつけると、部屋の回りに力士達が出ていて自転車に乗ったりして帰るところであった。稽古が終わったようである。ちょうど10時になっていた。残念とは思ったが、部屋の側まで行ってみることにした。何人かの見物客が力士と写真を撮ったりしている。カズ君の様子を見ると娘にしがみ付いて離れようとしない。力士の姿を見ただけで怖がっているようである。写真どころではないように見えた。仕方ないと思ったその時に声が聞こえた。
「写真を撮りたがっているんじゃないか。撮ってやれよ」
兄弟子が若い者に指示するような言い方だった。私達の姿を見て、そう思ってくれたようである。
「写真、撮りましょうか」
一人の力士が近づいてきてくれて部屋の看板を背に記念写真を撮ってくれた。カズ君の表情は少し緊張気味に写っていたが、そのあと別の力士が来て抱き上げて宙に放ったりしてくれたので最後はご満悦になっていた(写真)。
「とても感じが良かったね。荒汐部屋、サイコー」とは娘である。
「あまり東関部屋を悪く言うなよ。稽古中はどこもあんなものかも知れないよ」と私。
「そうだろうか。稽古が終わって急に荒汐部屋のように優しくなれるんだろうか。考えられない」と娘。相当に印象が悪かったようである。

その後、浅草の蔵前神社にお参りし鰻を食べスカイツリーに上って来たのだが、家に帰ってカズ君と相撲を取ろうとしても一向にその気にはならないらしい。いくら私が「ハッケヨイ」と言っても知らぬ顔を決め込んでいる(苦笑)。
(注)泥着(どろぎ)とは稽古場などで廻しを付けた力士が羽織る浴衣のことである。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア