天文 - ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ひこばえ


天文 カテゴリーの記事

梅雨

里見氏の安房の山々梅雨に入る



IMG_5343_convert_20200612055321.jpg



新型コロナウイルスによる緊急事態宣言がようやく解除となり、県外への移動も6月19日以降に可能になった。すぐに走り回ろうというのではないが、どうしても行きたい場所があったので旅館などを当ってみた。妻にメールした。
私「19日からは県を跨ぐのも含め徐々に観光していいというのが指針のようだよ。近場の千葉にでも行って来ようよ」
妻「いいよ」
私「館山にホテル州の崎──風の抄──という良さそうな宿がある。予約お願いします」
しばらくして返信が届いた。
妻「調べたけど、そのホテルは20日も21日も満室」
私「ええっ!」
妻「どこの予約ネットでも空室待ちになっている」
私「すごいなぁ。コロナもへったくれもあったもんじゃないなぁ」
ということで南房総市にある別の宿を予約して20日(土)に出掛けることにした。

渡良瀬遊水地に葦焼きを見に行ったのが3ヵ月前の3月21日(土)である。葦焼きを見て古河市のホテルに泊まり、その翌日に出掛けたのが20キロ離れた結城市である。何があった訳ではない。室町幕府に反抗して散って行った結城一族の墓をお参りしただけである。結城合戦を描いた小説「天下の旗に叛いて」(写真)を読み、その地を訪ねてみたかったのである。その結城合戦で死ぬことを逃れて安房へと向かったのが里見義実であり、そこから始まるのが「南総里見八犬伝」である。結城市から帰ってすぐに訪ねたかったのだが、コロナに阻まれて3ヵ月足止めを食らってしまった。まずは「八犬伝」の冒頭、父である里見季基と義実のやり取りを紹介しておこう。
父と共に3年の籠城に耐え、この日も敵に向かって討死せんと進んで行こうとする義実(19才)である。父が呼び止めて言う。「義実、勇士は元を忘れてはならない。今日を限りと思うことは理があるように見えるが、ここで父子共に討死すれば先祖への不孝というもの。父は節義のために死んでいくが、子は親のために逃れて一命を保つのに何の恥ずることやある。時節を俟って家を起せ。早く逃げ延びよ」
それを素直に聞く義実ではない。「親の必死を横に見て、逃れることなど出来はせぬ。武士の家に生まれて、文武の道を学び、ここで死なずば人に笑われ、先祖を辱めることになりまする」
季基曰く「そもそも我が祖は新田義貞朝臣に従い、足利持氏公は譜代の主君にあらず」などと一族の拠って立つところを説明し「ここで死ぬのは我のみにて足れり。ただ死するのみを武士とは言わぬ、学問もまた甲斐なし。斯くまで言って分からぬとあれば親と思うな、子でもない」と言い放つ。
道理を責められた義実は涙を流すばかり。敵軍が迫る中を郎党二人に守られながら西へと落ちて行く。その後、安房に入国し平定し、安房里見氏を起こすことになる。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



片蔭

片蔭に犬が猛獣とも見える



IMG_5377_convert_20200615202238.jpg



長女が大和市に家を建てたので見に行くことになった。土曜日に昼食を兼ねてということだったので車で迎えに来てもらった。一杯飲むことになるので帰りも送ってもらうことになる。真っ直ぐに向かえば40分ほどだというが、あちこちで買い物などするので2時間コースとなってしまった。車の中には三姉妹もいる。
私「中学校の国語の教科書に『今日は堂本さんのお引越しです』っていうのがあったなぁ」
長女「何それ、聞いたことない」
妻「知らない」
私「えっ、お前も知らないの?」
妻「全然聞いたこともない」
私「壺井栄だよ。『坂道』っていう小説」
長女「壺井栄って?」
妻「『二十四の瞳』を書いた人だよ。それがどうしたの?」
私「これがどういう訳か忘れられないんだよ。50年経った今も忘れられないでいる。戦後の貧しい家に両親を亡くした堂本君がやって来る。1年ほどして堂本君が近くに引越しをすることになった。下宿か何かは分からないけど、出て行くことになったんだよ。今と違って車がある訳じゃないから大八車に家財道具を載せて押していくことになる」
全員「フーン」
私「一緒に暮らしていた子供たちが手伝うことになる。大八車を押して行く。堂本君が可愛がっていた子犬も一緒だ。坂道に差し掛かる。みんなで力を合わせて登り始める。と、その時、大きな家の前に差し掛かった時に、子犬が飛び出してその家の大きな犬に噛まれてしまうんだよ。ガブッ!」
長女「ヒャ~」
私「すぐに助けたいんだけど、大八車なので手を放すことが出来ない。放せば坂を転げ落ちてしまうことになる。堂本君は叫ぶしかない。大声で助けを求めたんだ」
全員「……」
私「大きな家の中から主人が出てきて大声で怒鳴る。『この乞食ども、何を文句言っているんだ』って具合だ」
長女「乞食って今は使わないよ。禁止用語だよ」
私「いやいや、今はそうでもあの頃は普通に使っていたはずだよ」
長女「なつ、意味、分かる?」
なっちゃん「使わないけど、なんとなく分かる」
私「貧乏人ってことだよ。物乞いかなぁ」
妻「まあ、それはいいから先はどうなったの?」
私「金持ちの男にとって小汚い格好をして大八車を押して文句を言っている奴等なんかは相手じゃない。犬が噛まれようと何だろうと関係ない。そうこうしている内にお巡りがやってくる。どっちがいいか悪いか、判定が始まる」
長女「へ~」
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

薫風

薫風や高さ揃へし卓と椅子



IMG_5229_convert_20200530181617.jpg



娘「明日、脚を持って行きたいんだけど」
私「大丈夫だよ。塗装もあるので作るのに半日は欲しいって言ってた」
娘「半日?もっと掛かると思ってた。そんなに急がなくても大丈夫だよ(汗)。何時頃に行けばいい?」
私「何時でもいいよ」
娘「じゃ、子供たちの学校が終わってから行くね。こっちを出るの、11時頃かな」
私「オッケー、待ってます」

11時半にやってきた。なっちゃん、みやちゃん、さわちゃん3姉妹も到着である。設計の担当者が現物を確認し、娘に嵩上げの構造を説明している。「はい、はい」と頷いていた娘だったが、あとから聞くと全く分かっていなかったそうである。昼を食べに行ったレストランでの会話である。
娘「行ったらすぐに図面が出されるんだもの。ビックリだよ(笑)」
私「俺もどういう風に作るのか分からないけど、彼に任せておけば間違いないよ(笑)」
娘「天板も見ないで作っちゃうんだからすごいよね」
私「どんなのが出来るか、オレも楽しみだよ」
娘「明日には出来るって言ってたけど、じゃあ、また連絡してから来るね」
3姉妹の食欲に驚きながらも「これが猫背じゃ可哀相だな(笑)」「そうでしょ(笑)」

会社に戻ると早くも工程を流れていた。パンチ・レーザー複合機でカットし、曲げて溶接している。部材が4つある。写真に収めて娘に送った。
娘「4つも作る予定だった?2つは試作?」
私「2つ1組だって。オレには全く思いも付かない構造になっている」
娘「すごいね。明日、取り付け方をしっかり教わらなくちゃ。皆様によろしく伝えてください」
ということで翌日またまた4人がやってきた。説明を受けた娘。
娘「すごいよ、これ。考えてもいなかった構造だよ。プロの仕事って感じ。おそらく私と同じような悩みを持っている人、世の中に多いと思う。これって仕事として成り立つんじゃない?」
私「1ヵ月1億やっている工場だよ。テーブルの手直しをやって、やっていける訳ないじゃん(笑)」
娘「そうか!それもそうだね(笑)」
私「今回4センチ上げたけど、みんなの身長が伸びてまた猫背問題が発生した時は相談してください。データが出来てるんで、脚の現物は不要です(笑)」
持ち帰ったその日に組み立てて完成し、見事に使い易い椅子テーブルに変わったことを報告してきた(写真)。
娘「今更ながらおーちゃんの会社が凄い会社だったことを知りました。本当にありがとう(笑)」
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

五月晴れ

五月晴れ句碑建立の日なりけり



20200616_convert_20200616212821.jpg



1000回目の「ひこばえ」を迎えた。
この記念すべき日に初めての句碑建立の記事を書くというのだからこれ以上は望むべくもない最高の喜びである──と書きたいところだったが少々ドタバタしている。まず句碑が間に合わない。このブログがアップされる6月21日(日)の昼頃に設置される予定である。そうなった事情が私のいい加減さにあるというのだから誰にも文句の言いようがない。5月23日(土)に筑西市まで出掛けて来たが、その時に言われた納期が6月末である。当社の期の変り目が7月1日なのでそれに間に合わせてくれるならと思って良しとしたが、「ひこばえ」1000号が6月中に来ることに気付いてからが忙しくなった。
私「おお、悪いなぁ。もっと早く設置させられないかなぁ(笑)」
川上君「いつ頃までですか?」
私「実はブログの1000回目が6月25日に来るんだよ」
川上君「おお、それは重要ですね(笑)。分かりました、向こうの社長さんに少し早めるように言ってみます」
その結果が6月21日、予備日22日辺りへの繰り上げである。先方の予定を数日前倒ししてくれたようである。
私「オッケー、オッケー。ありがとう(笑)」
それで一件落着するはずだったが、ひょんなことから6月25日が1000回目かどうか怪しいということに気付いた。ブログの管理画面にアップされた回数と私の思っている回数と2つ違うのである。私の数え方は過去のブログの1ページ目を200枚入りのバインダーに入れるというアナログなものである。管理画面が990のところ、私のバインダーの収録枚数が988になっている。
<何で2つ違うのだろう?>
いろいろ考えた結果、ただ単に私がバインダーに2つ入れ洩れているのだろうということになった。それを探すのに2日掛かった。ようやく見つけた。
<ということは6月21日(日)が1000号だ。当日の句碑建立では遅すぎる……>
たまたま現地調査と土台作りにやって来た石屋の社長を摑まえてもう少し早めてくれと頼んでみたが、業者を使ったりするようで勘弁してくれという。
<まあいいか、1日ぐらい……>
細かいようで大雑把なところがある。
私「オッケー、オッケー、いいよ。分かった」
社長「本当にいいですか」
私「いい。その代わり石の写真だけは事前に送ってほしい」
社長「はい、それはもちろんです」
16日に送ってきた写真がこれである。
私「オッケー、オッケー。分かるからこれでいい(笑)」
何事もこの調子である。細かいと言えば細かいが、いい加減と言えばいい加減である。
かくして1000号目の記事を書き終えた。後日談があるようなら、また書くことにしよう。まずは1000回にお付き合いいただいた皆様に感謝申し上げる次第である。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

青嵐

青あらし酒酌み交わす句碑の前



IMG_5087_convert_20200525195720.jpg



石屋の社長に送った私の句碑のイメージである(写真)。見て驚いたに違いない。いやに小さなスペースに書いてきたのだから社長のイメージとは大きく違っていたはずである。しかしそれよりも問題はどの句を句碑にするかである。
<プレス機が揺らす夜なべのコップ酒>
最初に思い浮かべたのがこの句である。1週間ほどは何の疑問も持たずにいた。しかし、<待てよ>と思った。実はこの句、自分の会社を詠んだものではない。取引先の会社が廃業しようという時に訪ねて行って、社長に話を聞いてその時に詠んだ句なのである。古い時代を象徴するような句なのでいいかと思っていたが、会社の玄関に掲げる句ではないようである。
次に浮かんだのが「ひこばえ」の句である。
<ひこばえや殊に小さき妻の靴>
このブログの表題にもなっている句で、私の俳句の出発点のような句である。初めての句碑には持って来いの句に思われた。<やはり、これしかないよなぁ>しばらくはこの句にしようと思っていた。しかし思わぬところから<待った>が掛かった。妻である。家族のグループラインでのやり取りである。
妻「ほんとにその句にするの?その句はなんか違うような気がする」
次女「もっと会社や社員に寄り添った句にした方がいいよ」
妻「それならまだ<プレス機>の方がいい気がする。会社に関係ない句だから」
私「なるほど、独りよがりは良くないなぁ。それなら会社の全員が知っている句ならどうだろう。忘年会の時に全員の前で詠んだ句があるんだけど」
<年忘れ膳に山なす海の幸>
妻「忘年会は楽しかったんだろうけど、会社の玄関には相応しくないよ。<声掛けて>の句はどうなの?その方がいいと思うけど」
<声掛けて一人二人と夜業果つ>
次女「それ、いいと思う」
妻「わびしい句だけど、そんな時代を経て70年。しんとした空気が感じられる」
私「夏井いつき先生並みのコメントだなぁ」
妻「そうやって会社を支えてくれた社員の皆さんのための句だよ。<妻の靴>なんて言ってる場合じゃない」
私「ヒャ~」
次女「決まったね」
長女「無事決まって良かったね」
次女「(グ~)」
どうして急に妻が<声掛けて>の句を思い出してくれたのかは聞いていない。そういえば工場長もその句のことを言っていたような気がした。冷静に判断するはずの私が初めての句碑ということで舞い上がったようである。収まるべくして収まった感がある。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア