ひこばえ
background movie

夏果て

夏果ての悲しき民の絵と思ふ



IMG_4187_convert_20170813115412.jpg



「生憎ですが機内からは連絡できないことになっております。成田空港の手荷物受け取り場所の近くにJALのカウンターがございます。そちらで問い合わせていただくことになります」スチュワーデスさんは即答してくれた。
「きっと見つかるでしょう」とも添えてくれた。笑顔での一言は心に染みるものである。安心して熟睡し朝を迎えることが出来た。
到着し空港の手荷物受け取り場所でさっそく係員に聞いてみた。最初は要領を得なかったがいろいろと調べてくれてJALのカウンターまで連れて行ってくれた。あとはスムーズである。事情を聞かれ、必要書類を作り、「見つからないこともあることだけはご理解下さい」と言われ、あとは待つだけという状態を作ってくれた。
家に帰ったのは日曜日である。さすがにその日は疲れていたようでウツラウツラして過ごしたが、翌日にはこのブログをパソコンに打ち込み始めていた。2日間で20のブログを書き終えた。忘れないうちに終わらせておこうである。
月曜日の昼にJALの女性から電話が入った。品物はもう成田に届き、明日には届けることが可能だという。
「申し訳ございませんが、ご自宅までの送料はご負担いただくことになりますがよろしいでしょうか?」と言う。もちろんである。
「ハノイからの送料はいいのですか?」
「もちろん必要ございません」
素晴らしい対応である。ハノイのラウンジで保管してくれていたことも、即日成田行きに載せてくれたことも、連絡の迅速さにも感謝、感謝である。
翌日の午前中に丁寧に梱包されて届けられた。1ヶ月半にも亘り続けてきたベトナム旅行記の最後はこの絵の写真である。ノンラーを被った6人のベトナム人が描かれている。この絵を見るたびに思い出すだろう。楽しかった4泊5日の旅行記をこれで終えることとする。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

夏終る

夏終るロビーに忘れ物一つ



IMG_4238_convert_20170813115630.jpg



買った絵を大切に抱えながら伝統芸能である「水上人形劇」を見、最後の夕食を済ませ空港に到着した。飛行機は真夜中0時の出発である。3時間程の余裕があった。ラウンジでシャワーを浴び、ソフトドリンクなどを飲みながら開高健の「輝ける闇」を読んでいた。旅行中、空港やホテルの就寝前に読み続け、あと数ページを残すだけとなっていた。
小説は作者がベトナム戦争取材のため従軍し、激しい戦闘に巻き込まれながらも奇跡的に生還した経験をもとに書かれている。アメリカ人やベトナム人と触れ合いながら戦場の近くで安寧な日々を送っていたが、身近な人間が兵士として戦場に送られたことに触発され、自らも進んで戦場に行くことを決意する。ラウンジで読み始めたのはその最後の章である。どこからともなく弾が飛んでくる中、周りの兵士が次々と命を落としていく。ジャングルのどこに敵兵が潜んでいるのか分からない。泥の中に疲れ果てながらも前に進むしかない状況。ただただ生き残るために前に進むというシーンである。
読み終えた時には心地良い緊張感の中にいた。少し離れた席にTさんがいたが読み終えて目を上げた時にはいなくなっていた。妻も離れた席で休んでいた。しばらくして妻が時間の迫ったことを知らせに来た。
私「オッケー、行こうか」
立ち上がって目の前のテーブルを片付け、ジュースの缶などを捨てに行った。受付時間が迫っていた。ラウンジを出て長い通路を歩き急ぎ足で飛行機に乗り込んだ。機内で手荷物を上のボックスに収納し、ホッと席に着いた時だった。
私「忘れた!」
妻「何を?」
私「絵」
妻「えっ!」
洒落を言っている場合ではない。さっきまでいたJALのラウンジに忘れて来てしまったのである。絵は目の前のテーブルの横に立て掛けていた。到底取りに戻るような時間はない。
私「どうしよう……」
妻「諦めるしかないんじゃない?」
私「折角買ってきたのに……」
旅行の最後の最後にミスをしてしまった。あんなに頑張って手に入れたものをちょっとしたミスで手放すことになってしまった。
私「………」
頭の中で考えていた。出来ることは何だろう。取り戻す方法はないだろうか。空港の中で置き忘れたのなら兎も角、JALのラウンジの中である。誰かが持ち去るというような品物ではない。きっと、あそこにあるはずだ。あることは確かなのだ。それをどうやって取り戻すかだ。スチュワーデスに声を掛けた。
私「済みません。忘れ物をしてしまいました。問い合わせをしてもらえないでしょうか?」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

夏シャツ

夏シヤツよこの絵お前が描いたのか



IMG_4352_convert_20170819165920.jpg



4時間かけてハノイに戻った。途中、桃の写真を撮ったり、カーチェイサーを眺めたりしていたがそれ以外はほとんど爆睡である。バスから降り、朦朧としつつも水上人形劇が始まるまでの時間をフリータイムにしてもらい油絵の店を訪ねることにした。前日と同様、男性は筆を取ってキャンバスに向かっていた。目的の絵を見直してみて改めていい絵に思えた。中に入って男性に声を掛けた。
「ハウマッチ?」
「#☓※」
「???」
すぐに男性は電卓を取りに行った。目の前で電卓を叩いた。
「13」
「???」
13とは何だろう?
「ドン?ドル?」
「ドル」
13ドル。1,300円ということだろうか。いやに安いなぁと思った。私としては5,000円から10,000円位のことを想定していたので少し拍子抜けするような気がした。
「フレーム、フレーム」
男性はさらに電卓を叩く。
「17」
ん?額のほうが高いのか。それとも額込みか?
「トータル、トータル」
男性は頷いている。17を指さしている。額込みのようだ。額が4ドル、400円ということになる。どんな額だろう。男性が奥から額を持ってきた。絵に合わせてみる。まずまずだ。
「オッケー、オッケー」
男性が笑顔になった。ようやく売買が成立したことを理解したらしい。早速額に入れようとした時に問題が発生した。額に絵が入らないのだ。いろいろやっていたがどうしても入らないらしい。考えた末、男性は絵をばらし始めた。布を留めている裏のホッチキスを外し、枠の木をバラバラにし始めた。終いにはノコギリで木を切り始めた(写真)。必死になっているのが分かる。この人にとって1,700円とはどれ位の価値があるのだろう。15分ほど掛けて完成させ丁寧に梱包をしてくれた時、私は金額以上の有り難い物を手にしたような気がした。
「サンキュー、サンキュー」
英語となると同じ言葉を2回繰り返すという癖を私自身はまだ気付いていない(笑)。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

蝦蛄

蝦蛄売の売れねば叩く桶のふち



IMG_4309_convert_20170819165843.jpg



出船してすぐに我々の船に小舟が横付けされた。地元の漁師さんのようである。男性が乗り込んできて3つの桶を客室に運び込んできた。蝦蛄(しゃこ)とワタリガニと貝である。男性は一言も声を発しない。ただ、買ってくれという意思だけは伝わってくる。他の客も覗き込んできて「何だ、何だ」とやっている。ガイドさんが説明してくれる。これを買うと船で調理をして昼食に出してくれるという。しかし誰も買おうとしない。見ているだけである。すると男性はワタリガニを手に取った。カニはバタバタと手足を動かした。「こんなに元気だぞー」と言いたそうである。しかしそれを見ても誰も反応しない。次に蝦蛄を掴んだ。これまたピチピチと尻尾を振る。「これはどうだ!」と言いたげである。蝦蛄には卵が一杯詰まっている。しかしこれにも反応しない。男性はジッとしている。待っているだけである。周りを取り囲んでいた客が自分たちの席に戻り始めた段階で諦めたようである。急に立ち上がって桶を運び始めた。外で男性が何か言っているのが聞こえる。結構大きな声である。「全然、駄目だったよ」と言っているのだろう。小舟の女性が何か言っている。奥さんかも知れない。「ちゃんと、カニをバタバタさせてみせたの!」と言っているのかも知れない。男性は戻ってきて最後の桶を持ち上げてサッサと出て行った。
男性が去ってからのTさんの話である。
「ベトナム旅行3大買ってはいけない物の1つに蝦蛄を買うがあるんですよねぇ」
「なになに、どういうこと?」
「前にここに来た人が蝦蛄を買って調理を頼んだそうなんだけど、出てきた蝦蛄は泥臭くて食べられず、しかも卵はどこかへ行っちゃっていて最悪だったと言っていたので……」
「なるほど、なるほど。あと2つは?」
「今日これから行く水上人形劇の会場の前で売っている人形。思わず買いたくなるそうなんだけど、よく見ると粗悪品で本物とは似て非なるニセモノということ」
「へぇー」
「もう一つは?」
「ちょっと忘れてしまいました。思い出しましたらお伝えします(笑)」
旅行を終えた今でも、彼女からの3つ目は届いていない(笑)。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

遊船

遊船の犇めく世界遺産かな



IMG_4305_convert_20170813115856.jpg



いよいよ世界遺産「ハロン湾クルーズ」である。船着き場はごった返していた。改札を出ると何やら生演奏が行われ、お土産屋が列をなし、その前に船が何艘も並んでいる。どの船もベトナム国旗を立てている。ハイさん曰く600艘だという。本当かどうかは分からない。我々の乗り込む船まで相当の距離を歩いた。番号が振られているのである。何時の出発かを聞くこともしない。全てハイさん任せである。30分位は待たされただろうか。ようやく乗り込む船が到着した。一斉に乗り込んだ。他のお客も一緒である。すべて日本人のようだ。内装は豪華なものであった。テーブルも椅子もピカピカに磨き込まれている。
「随分、いい船だねぇ。全部こんな感じ?」と私。
「いえいえ、いい船もあればそうでない船もあります(笑)」とハイさん。
ランクがあるようである。飲み物とトイレの案内があった。3時間のクルーズと聞いている。暑い。まずはビールをもらうことにした。
「もう、飲みますか?」とハイさん。
「昼食まで待てないよ」と私。
船はすぐに出航した。みな2階のデッキに上り景観を眺めている。籐椅子などが置かれていて横になる人もいる。ビールを片手に最高である。しばらくして船がたくさんいる場所に到着した。降りるという。
「えっ、まだ10分しか経ってないジャン。ビールも飲み終えていないよ」
一気に飲み干して上陸した。鍾乳洞の見学である。凄い人数である。「こんなに船着き場に人がいたかよ」と言いたくなるほどの人である。その人が全て狭い入り口から中へと入っていく。暑い。しかも蒸す。足場が滑る。中国人ガイドだろうか、大きな声でがなり立てている。列が渋滞して途中で立ち止まる。汗が流れ落ちる。凄い鍾乳洞なのかも知れないが、この人の多さでは見学どころではない。30分位掛かってようやく外へ出た。深呼吸である。そこで写した一枚である。船が犇めいている。
船が出船するときも大わらわだった。出て行こうとする船と入ろうとする船がぶつかるのである。よく見るとどの船も傷だらけであり、窓ガラスが割れている船もある。世界遺産ともなると、少々の荒っぽさは覚悟しなければならないようである。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア