ひこばえ
background movie

竜天に登る

雲を呼び海を逆巻き竜天に



securedownload_convert_20180530211117.jpg



5月14日の日本経済新聞に「両陛下が横山大観展を鑑賞」という記事が載っていた。前日の13日に天皇皇后両陛下が東京国立近代美術館で開催されている「生誕150年──横山大観展」を鑑賞されたという記事である。<40メートル超の水墨の絵巻「生々流転」など作品約90点を鑑賞。陛下は木炭で描かれた絵の前で「いろいろな試みを当時したのでしょうね」と感想を述べるなど、約20分にわたり皇后さまと熱心に見て回られた。>と書かれていた。
「20分とはいやに早いなぁ」と思った。

私達が見に行ったのがゴールデンウィーク後半の5月4日である。開館時間10時を目指し8時半には家を出て、電車を乗り継いで10時ちょうどに到着したのだがすでに会場は満員状態になっていた。「10時の開館というのは間違いだったようだなぁ」と独りごちた。入場した途端に人が溢れていて作品の前に進めない。人の流れに身を任せるようにしながら作品に近づいて行くようである。しかもじっくりと見たいと思っても後ろが押されるので先に進むしかない。ゆっくりと押し出される<ところてん>のような感じで見ていった。全ての作品を見終わって出てきたのは11時半である。大きく溜め息を吐いたのは作品の素晴らしさに圧倒されたばかりではないようである。話題の「生々流転」もところてんのようにして見た。見始めから終わりまで15分掛かったので、両陛下の全てで20分というのが如何にも早く思えたものである。人のいない会場を専門家のガイド付きで回れば、そのくらいのものかも知れないと考えていた。
それにしても素晴らしい作品ばかりであった。「生々流転」はもちろん、「富士の絵」や「華厳の滝」、「ナイヤガラの滝と万里の長城」の一対の金屏風など、溜め息の出るような力作ばかりである。
外に出て飲み物とサンドウィッチを買い、テラスで休憩した(写真)。
「いやぁ、龍を見逃しちゃったかと思ったよ」と私。
「何の龍?」と妻。
「生々流転の最後に描かれていた龍だよ。海が荒れて雲が沸き、全体のトーンが黒ずんできたので、てっきり最後に大きな龍が描かれているだろうと思っていたので、見つけられずに終った時は慌てたよ。もう一度、列に割り込んで覗いてみたんだけど、龍は思ったよりも小さく描かれていて、なるほど、この描き方が大観先生の落とし所だったんだなぁと納得した次第。確かにあそこに健さんの彫り物のような龍が描かれていたとしたら漫画になっちゃうからね(笑)」
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト

しなだれて凭れて蛇の抱き心地



IMG_6861_convert_20180509210540.jpg



前日泊まる予定だった藪塚温泉へ向かって山道を下り始めた。目指すはスネークセンターである。「キジを食べてヘビを見る。動物尽くしの旅行になりそう!」と言って始まった旅行である。義父の話もあり、蛇そのものが夏の季語なので、どうしても見ておきたかったのである。もちろん目的はヘビを首に巻き付けての写真である。日曜日だけのサービスということは事前に調べておいた。問題は果たして妻が一緒に写ってくれるかどうかである。
「昨日は新田義貞の太田市を回ったので、今日は足利尊氏の足利市に行くのでよろしくね。といっても鑁阿寺という足利氏の菩提寺しかなんだけど」
「そうなの?全然構わないわよ」
「その前にスネークセンターに寄りたいんだけど、いい?」
「昨日の話もあるからね(笑)」
「それにしても、オヤジさん、よくそこでヘビ料理を食べたもんだよなぁ。俺なら食べられないなぁ」
「別に無理して食べる必要もないじゃん」
「ま、首に巻き付けて写真を撮るくらいなら出来ると思うけど(笑)」
「……」
スネークセンターでは到着寸前に手前の店のおばさんに車を止められて「はい、どうぞ、どうぞ、ここに入れてください」と言われたところから始まった。カーナビではもう少し先なのだがと思いながらも、言われた通りに駐車すると「はい、500円。前金でお願いします」とイヤに要領がいい。さらに「お客さん、スネークセンターですか?昼はウチで食べてってくださいよ」と売り込んでくる。センターに入る前に<蛇に睨まれた>感じである。入場券を買って入った途端に今度は「お土産は如何ですか?」と声を掛けられた。入口のすぐ奥が土産コーナーである。「帰りに買うので待っててね」と躱して通り抜けた。<蛇の道はヘビ>とも言う。食堂があった。「ここだ!」と思った。オヤジさん達が蛇料理を食べた場所である。覗いてみた。「いらっしゃいませ!」と女性が出てきた。<ヘビ女>かと思った。「あとから来ますから、ちょっと中を見せてください」と言って入ると、食堂のさらにその奥に仕切られた部屋があった。暖簾が掛かっていて明らかに別空間であることが分かる。柱に大きな字で「蝮料理」と書かれていた。覗くとカウンターの奥から男性がこちらを見ている。まさに<鬼が出るか蛇が出るか>である。「ふれあい体験教室」で蛇の習性について<長々と>話を聞いたあと、いよいよ写真コーナーに移った。
「おお、白蛇だよ!太いなぁ。やばいよ。誰か他の人が写すのを見てからにしようよ」
「いいから、いいから、早く写しちゃおうよ」
妻の方がよほど度胸がいい。言われるままにお兄さんに1000円を渡し、無事カメラに収まった写真がこれである。ここで感想を書いては<蛇足>と笑われる。
スネークセンターのあとは足利氏の菩提寺である鑁阿寺を訪ね、足利学校を見学して戻って来た。楽しい一泊二日の旅となった。
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

蝮草

小暗きに濡れて山路の蝮草



IMG_6706_convert_20180430182820.jpg



それにしても山深い温泉宿である。位置的には赤城山の中腹に当る。周囲に宿が見当たらなかったので一軒宿かも知れない。征夷大将軍の柿本人麻呂が見つけたと書かれていたので千二百年も前からあった温泉ということになる。朝早く起き出して風呂に入ったあと、周囲を散策してみた。前日同様、まったき晴天である。何もない山の中だが草花を探すには最高である。図鑑を持参しなかったことを悔やみつつ、写真を撮って歩いた。

山道を歩きながら、前の日に車の中で妻から聞いた義父の話を思い出していた。スネークセンターの話である。妻が高崎の高校を卒業し東京に就職したあとに聞いたというのでもう30年以上も前の話ということになる。新しいもの好きの義父が出来たばかりのスネークセンターに出掛けた。我々が泊まる予定だった藪塚温泉のすぐ近くである。おそらく仲の良い友達と一緒だったに違いない。そこでヘビ料理を食べたという。その「ヘビご飯」の作り方を義父が説明してくれたという。まず釜に研いだ米を入れ、水を張る。そこにヘビを入れ、小さな穴が二つ開いた蓋を被せて火を点ける。火が通って中が熱くなるとヘビも熱くなって蓋の穴から顔を出す。顔を出したところを摑まえて思い切り引き上げる。すると身はほぐれてバラバラになり、骨だけが外に取り出せるのだという。
私「うそだぁ。あり得ない。作り話だよ(笑)」
妻「でも、印象に残ってるのよねぇ、その話」
私「そんな冗談を言う人には見えなかったけど」
妻「いやいや、意外とそういう所があったのよ、本当かどうかは知らないけど」
私「まぁ、あの仲間なので、出来たばかりのスネークセンターに出掛けてヘビ料理を食べたところまでは想像できるけど、その作り方はなぁ(笑)」
運送業を営んでいた義父はその運送業仲間といつも行動を共にしていた。5、6人であるがそれぞれの奥様がいつも一緒なのでとても賑やかである。温泉に行くにも遊びに行くにもいつも一緒で、結婚したての私達をいつもいろいろな場所へと連れて行ってくれたのであった。ヘビ料理を注文したのは大いにありうる話である。
妻の話を思い出しながら、義父やその仲間達のことを懐かしく思い返していた。その時、道端に見つけたのが写真の「蝮草」である。ヘビのことを考えていた時の「マムシグサ」だったので、思わず一人、山の中で笑ってしまったものである。
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

浴衣

適量を超えし晩酌宿浴衣



IMG_6676_convert_20180506071552.jpg



とても広い部屋だった。女中さんが案内してくれたのが一部屋に風呂が3つ、トイレが3つである。ビールサーバーも冷蔵庫の中も飲み放題である。説明を終えて女中さんが出て行ったあと、二人で大笑いしてしまった。
「何だろ、凄すぎるジャン。使い切れないよ」
「3つあった部屋を1つにまとめたって感じね。とてもいいんじゃない」
「気に入った?」
「気に入った(笑)」
それからすぐに大浴場に行き、戻って生ビールを一杯飲み、外に出て散歩を楽しんだ。
夕食は豪勢だった。イワナの刺身にタケノコ、山菜と出て、キジと牛肉のしゃぶしゃぶ、天ぷら、揚げ物、蕎麦などと続き、最後はキジの釜飯。食べきれないほどの量である。日本酒もすすんだ。底上げされた二合徳利が二本、すぐにまた追加で二本、最後に締めであと一本といつになく調子がいい。
テレビでは懐かしの昭和歌謡が流れていた。
「おっ、城みちるじゃないか。イルカに乗った少年だろ。もう、少年って感じじゃないよなぁ。俺より年下だよなぁ」
「貴方より4つ下。私の1つ上だから」
「よく知ってるなぁ。なになに、禁断の恋だって。誰だっけ、隣の女性は?」
「伊藤咲子でしょ。ひまわり娘の……」
「そうかぁ、あのひまわり娘かぁ。年取ったなぁ」
「人のこと、言えないけどね。でもいいんじゃない、何十年経っても、こうしてテレビに出ていられるんだから」
「そうだよなぁ、だけど禁断の恋なんてテレビで流しちゃまずいんじゃないか?」
「どうして?もう知らない人がいないくらい有名な話だよ。知らないのは貴方くらいなものよ」
「そうなのか。知らなかった。過ぎてしまえば何でも許されるんだよなぁ」
たわいない話を続けていた。その時に撮った写真である。テレビの横に座っていたので正面からの写真になっていない。こだわり派の自分にしてはとてもいい加減な写真になっている。相当に酔っていることがこの一枚からも分かる。
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

雉子

謹みて国鳥「雉子」をいただけり



繧ュ繧ク_convert_20180610123258



宿の名前は「はせを亭」である。金山城の駐車場でカーナビにセットした。すると38キロメートルと出た。
「何だろ?すごい距離だなぁ」
しかし義貞の隠れ湯「藪塚温泉」なので、すぐに着くに違いないと深くは考えなかった。私のいい加減な所である。
山を下りて走り始めたがまだその時は気付いていない。気付いたのは「藪塚温泉」の表示が出始めた頃である。
「あれっ?このナビ、ちょっとおかしい……」
「どうしたの?」
「だって、もうすぐ目的地なのに、まだ30キロも残っている」
「何を言ってるの。行く場所は藪塚温泉じゃないよ」
「えっ、なんで?藪塚温泉でしょ」
「違うよ」
「えっ、どこ?どこへ行こうとしてるの?」
「ちょっと待ってね、見てみる……梨木温泉って書いてあるけど」
「梨木温泉!それ、どこ?」
「だって、貴方が選んだ場所だよ」
「……」
「どうしたの?」
「ちょっと待って。頭が混乱している……」
どこでどう間違えたのだろう。何を間違えてしまったのだろう。考えるのに少し時間が必要だった。おそらく<義貞の隠れ湯>と検索して藪塚温泉に辿り着いたまでは良かったが、いろいろと温泉宿を探している間に違う温泉に行ってしまったようである。ウッカリもいいところだが、ジタバタしても仕方がない。諦めて受け入れるしかないようである。
「オッケー、了解。どこだか分からないけど、思い出深い旅行になりそうだなぁ(笑)」
「そうだよ、雉子(キジ)も食べられるし、大丈夫、大丈夫(笑)」
「それにしても、梨木温泉なんて聞いたこともないなぁ、群馬県だろうか、茨城県だろうか」
(注)写真はその夜に出されたキジ料理である。しゃぶしゃぶ用として小さく丸まっている。
                                 (平成30年作)




にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア