ひこばえ
background movie

新酒汲む

肩組みて杯高々と新酒汲む



IMG_4853_convert_20171101053553.jpg



日本一の名古屋市中川区倫理法人会を参考に会を変えてみようと思った。いろいろと気付かされたが、まずは「チーム制」だと思った。会の150名を7チームに分け、リーダー、サブリーダーを決め、動かしてみようというのである。案をまとめた。燃えてくれそうな14名を選び、チーム名まで考えた。すぐに説明会を開くことにした。20名位を予定したが、集まってくれたのは12名である。それぞれに予定があり、なかなか思うようには集まってくれない。それでもまずは皆がどう反応するかが見たかったのでそれでよしとした。残りの人にはその後で話せばいい。
夕方、会議室で話を始めた。「何を」「どうやって」「なぜするのか」と考えるタイプの私である。話もその順序でしか表現出来ない。本当にパターン化されていると思った。名古屋に行って来た話、そこで見たもの、感じたこと、こうありたい、こうあらねばならないと順を追って話していった。「この方法を取ればきっと会が変わり、全員が幸せになれる」と熱弁を振るった。話している間、全員シーンとして聞いているので伝わっていないのかと心配したが、話し終って全員賛同してくれたことが分かった。
終っての中華料理屋での盛り上がり方といったらなかった。凄いものだった。こんなに熱い人達だったのかと目を疑うほどだったのである。
「いいですね、やりましょう!」
「みんなで頑張りましょう!」
「どうせやるなら、日本一を目指しましょう!」
あまりの盛り上がりに仕掛け人の私としては少し不安を感じたものだった。この熱を冷まさないようにしなければならない。まだまだ先は長い。しっかり土台を作らなければならない。いい見本があるとは言っても同じように出来るかどうかは分からない。すぐに私は篠田さんと相談して彼の有料セミナーに申し込むことにした。「乗り掛かった船」である。折角なのでそのノウハウを詳しく知っておこうと思ったのである。なんでも実際に体験しておきたいと思う性格である。このノウハウをマスターし、倫理の会を変えることはもちろん、会社にも取り入れてみたいと思ったのである。会社のレベルをもう一段アップさせるチャンスかも知れない。上手く行くかどうかは別の話である。まずはやってみることが大切と思う人間である。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

小鳥来る

指組めば判る相性小鳥来る



IMG_4972_convert_20171111220842.jpg



どんな方法で組織を拡大したのだろう?その方法を使えば倫理法人会の活性化はもちろん、会社の組織作りにも利用出来ると言っていた。帰ってすぐに篠田さんに名古屋の報告を済ませ、彼が主催する無料セミナーに参加させてもらうことにした。少しでも早く話が聴きたかったので強引に割り込ませてもらったのである。ビルの一室で十数名が参加する1時間半のセミナーだった。

「倫理法人会にもたくさんの会員がいます。会社にもたくさんの人が働いています。これらの人を上手くコントロールしていかなければなりません。しかし、人は十人十色で、皆それぞれ考え方も違えば行動パターンも違います。そのお陰で様々なミスコミュニケーションやコミュニケーションギャップが生まれています。上司と部下の意見が合わない、相性が悪い、怒ったり怒られたりしながらやっている。それは各人が自分の尺度で他人を測ろうとしているから起きているのです。自分を知り、相手を知り、組み合わせを変えればそういったことは起こりません。正しいコミュニケーションが生まれるのです」という所からスタートした。
人を四つのパターンに分類するという。指を組み、腕を組み、指の左右どちらが上か、腕の左右どちらが上かで組み合わせを決める。
「えっ?そんなもので人を分けるの?」
私の第一印象である。いや、私だけではない、全員がそう思ったはずである。しかし、分類され、それぞれの説明を聞いて行くと、なるほど、考え方や思考方法、話し方、行動パターンが見事に言い当てられていくのである。
「日向さん、あなたは何事も順序立てて考える人です。『何を』『どうやって』『なぜするのか』という一連のストーリーを考えてから動くタイプの人です。しかし、中には『どうやるのか』だけを重視する人もいます。また『何をするのか』だけを考える人もいます。また『なぜやるのか』に拘る人もいます。思考方法が違う人達が集まっているのですから、相手の行動や言動が分からなくなるというのは当たり前です。可能性50%になってはじめて行動するパターンの日向さんが可能性1%で行動する人を見てどう思いますか?『あいつは何も考えないで行動するやつだ』と言うでしょう。可能性が70~80%にならないと行動しない人を見てどう思いますか?『いつまで考えているんだ!』ということになるでしょう。まずはその人の特性を知ることが必要なんです。それを理解しないから誤解が生まれ、コミュニケーションが図れず、組織がギクシャクし、歯車が合わないということになるのです。中川区では会員180名全員を四つのパターンに分け、胸に四つの色分けされたバッチを付けています。お互いを理解し、考え方を知り、それをベースに良いチームが出来上がっています」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

豊の秋

日の本を統べし尾張や豊の秋



FullSizeRender_convert_20171110053147.jpg



そもそもは日本一の単会「名古屋市中川区倫理法人会」のモーニングセミナーを見学しに行った所から始まった。横浜市倫理法人会の会長となり1年の方針を立て勢いよく進み始めたはずだが、何せ初めてのことである。自分が立てた方針が良いものなのかどうかイマイチ自信がない。まずはやってみることだと心に決めてはみたものの、根拠がアヤフヤなのだから迫力がない。このままでいいのだろうか。もっと違う方法があるのではないだろうか。そんなことを考えている時に声を掛けてもらったのが当会会員の篠田さんである。この方は凄い方でその中川区を日本一に導いた立役者なのである。横浜に住んでいて名古屋の単会を日本一にしたというのも分からない話だが、まずは話を聞いてみることにした。喫茶店で1時間程、一緒にお茶を飲んだ。
「2年前の中川区は今の横浜市と同じようなものでした。普通に朝礼を行ない、普通にモーニングセミナーをやっていただけの会です。それが急に変わって行きます。キチンと目標を定め、全員が出来ると信じ、全員が本気で燃える集団に変わって行きました。組織を活性化する方法を取り入れたからです。横浜でも出来ますよ。全然難しくありません。簡単です。やってみてください。大丈夫です」
その3日後に私は名古屋にいた。百聞は一見に如かず。まずはこの目で確かめるしかないと思ったのである。前日の夕方に到着し、ホテルにチェックイン。午後6時に篠田さんが連絡しておいてくれた会の役員の女性とロビーで待ち合わせ話を聞かせてもらうことにした。食事をしながらの3時間。とても熱く語ってくれた。会の在り方、考え方、組織を大きくする方法、そもそも何のための倫理か、伸びる理由、伸びない理由、会社の業績が伸びない理由も全く同じとまで言い切った。熱弁3時間でその会の素晴らしさを語ってもらったのである。
翌朝5時20分に会場入りするとすでに30名が集まっていた。会長に挨拶などして見ているとどんどん人が入ってくる。5時40分、モーニングセミナーのリハーサルが始まる。その時点で70名に溢れている。何列にも並び、真剣に練習が行われる。本番のモーニングセミナーの参加者数は122名。会場に立ち見が出来ている。圧倒的人数、素晴らしい熱気、真剣な学びの場。初めての見学で驚きを通り越して、感動、夢見心地の気分である。
今、私が会長をしている横浜市の会をこう変えなければならない。あれを作るのに僅か2年だったという。その組織作りを指導したのが篠田さんだというのだ。
「本物だ!凄い人だ!俺もやってみよう!」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

登高

虎朱印見むと天守へ登高す



IMG_4812_convert_20171028120310.jpg



朝食を終えて外に出ると雨は少し強くなっていた。駐車場に戻り車に乗り込もうとした時、ちょうど傍に係員がいたので聞いてみた。
「小田原城までは歩いてどれくらい掛かりますか?」
「5分くらいで行けますよ」
「そんなに近いんですか?どっちに行くんですか?」
「正面から入るのでしたらこっちですけど少し遠くなります。天守閣までの近道はこっちです」
9時開門とのことなので、ちょうど良い時間である。ちょっと見て来ることにした。少し歩くとすぐ目に前に天守閣が見えてきた。「北入口」から入り、本当に5分程で到着した。難攻不落の城にしては随分と簡単な道だなぁと思った。開門まで15分ほどあったので、雨の中ではあるが周囲を歩いてみた。菊花展を行なうための小屋だろう、雨の中で作業をしている人がいた。土産物屋が店開きの準備中である。その横に大きな檻がありニホンザルが飼われていた。傘を差してそれを見ている人がいる。この雨の中、開門前から何をしているのだろうと自分のことは棚に上げて眺めていた。
開門を待って城の下に集まったのは4人である。猿を眺めていた女性2人と外人の男性1人と私である。外人と目が合ったので、いきなり「アメリカン?」と聞いてみた。その前の朝食会でアメリカンコーヒーを注文したのでついつい口を衝いて出てしまったのかも知れない。「ノーノー、スウェ〇×※」と聞こえた。よく聞き取れない。意味不明である。スウェーデンだろうか。もしスウェーデン人だとしても次の会話が成り立つ訳がない。英語がままならない私である。何で声を掛けてしまったのだろうと後悔しかけた時、ゆっくりと城入り口から降りて来た警備員が門を開けてくれた。きっちり9時である。お役目とはいえ雨の中で待たされるお客からすると「もう少し早く」と言いたかったところだが、外人との妙な関係を抱えた私には救いの神にも見えたのだった(笑)。
城の中は完全に展示室と化していた。新装したばかりの真新しさである。狭いスペースではあるが様々なものを展示し、ぐるぐる回しながら2階、3階と導いていく。途中、ビデオ放映のコーナーなどがあり、北条5代や小田原城開城のことなどを伝えている。一人で腰掛けて見ていると先程の外人が私の横に座った。ちょっと黙礼をしたあとは知らんふりするしかない。ビデオでは「虎朱印」の説明をしていた。2代目の北条氏綱が使用した文書が初見だという。以降、氏康、氏政、氏直と代々受け継がれてきた北条氏の権威の象徴である。印には「祿壽應穩(禄寿応穏)」と彫られ、その上に虎が描かれている。「禄(財産)と寿(生命)が応(まさ)に穏やかであるように」と、人民の平和な暮らしを願う北条5代の善政を示す印だという。コンクリート造りではあるが、昔の城主になったようなつもりで天守から雨の小田原を見下ろして帰って来た。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

秋澄む

秋澄むやマイク越しなる己が声



IMG_4809_convert_20171028120243.jpg



翌朝は小雨まじりの天気だった。4時半に起き、5時40分に会場に入った。会場はオレンジホテルの向かいのビルである。何人かが来ていて準備をしていた。知った顔もいて皆さんに挨拶して講師席へと案内された。先日の会長の弟さんにも会えた。横浜でお世話になったことを話すと「そうですか、それは、それは」と言うだけで会長からは何も聞いていないようだった。「俺は行けないけど、弟に話しておくから」という言葉は社交辞令だったようである。6時ちょうどに役員朝礼が始まり、6時半にモーニングセミナーがスタートした。全員で歌を歌い、栞の輪読、会長挨拶と続き、私の講話が始まった。6時45分から7時25分までの40分間である。演台に立ち挨拶をし、さてこれからという時に前列3番目に座っている人を見てアッと驚いた。あの会長が座っていたのである。「もう早起きは出来ない」と言っていたのに来てくれたのである。セミナーが始まる前には見掛けなかったので、間際に入ってきたようである。とても嬉しかった。わざわざ来てくれたに違いない。張り切って話し始めたことはもちろんである。
私の講話の内容は自分が社長になってからの苦労話である。実際に起こったトラブルをどのように解決したかという話である。人は苦難に直面する。その時どう動くかで人の真価が試される。立ち向かう人もいるし逃げる人もいる。正しい方法で対処出来る人もいるし、間違ってトラブルを大きくしてしまう人もいる。原因を相手の所為にして、相手を変えさせることばかり考える人がいるが、ほとんどの場合は逆である。自分に原因があると考えた方がいい。自分自身を省みて反省し、正しい方法で対処すればどんな苦難も解決出来る。どんなに大きな苦難でも決して逃げてはならない。苦難が大きければ大きいほど、乗り越えた時の喜びは想像以上のものとなる。そんな話である。
終ってすぐに会長のところに挨拶に行った。
私「先日は有難うございました。今日は来てくれるとは思いませんでしたよ。本当に有難うございます」
会長「あんたがしゃべるというのに来ない訳にはいかないだろう(笑)。何年振りかで早起きして出てきたので、女房からも怪しまれたよ(笑)」
私「いやに真面目に聞いてくれていましたね(笑)」
会長「いや、本当にいい話だったよ。来てよかった。聞き逃したら大損するところだったよ」
私「冗談を言わないでくださいよ(笑)」
会長「いや、本当によかったよ。グッと来たよ。人の話を聞いてこれほど感動させられたのは久し振りだよ。話が上手いねぇ。あんたは語り部だよ(笑)」
絶賛である。その後の食事の席も隣に座らされ、褒められっぱなしである。
その会長さん、会の人達にとっても久し振りだったようで次から次へと挨拶されていた。しかも皆さん、相当に敬意を払っている。相当の大物であることが分かった。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア