ひこばえ
FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

日向 亮司

Author:日向 亮司
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント
最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

野焼き

風受けて土手に押っ立つ野焼き前



IMG_3946_convert_20200324204134.jpg



渡良瀬遊水地の広さは33平方キロメートルである。途轍もなく広い。問題は葦焼きをどこで見るかである。公式サイトでは3ヶ所の駐車場が紹介されていた。いずれも遊水地の西側に200台、300台、500台と用意されている。メイン会場はそちら側と考えるべきである。しかし念のために「渡良瀬遊水地、葦焼き、ベストショット」と検索してみると一番に「生井の桜堤」が出てきた。ドローンで撮影された動画のサイトまであった。土手の上に並んで広大な葦焼きを眺めている人々を映し出していた。
<ヨシ、桜堤にしよう!>
迷わずに決めた場所である。一通り歩いてみて三脚を立てて白サギを写していた70才位の男性に声を掛けてみた。
私「人出は多い方なんですか?」
男性「全然。いつもの半分もいないよ。みんな、コロナで自粛したんだよ」
私「去年だかの映像を見ましたが、凄い人ですよね」
男性「そうだよ。いつもは三脚が立てられないほどになるんだけど今年はどこにでも立てられるよ。どこから?」
私「横浜です。朝4時半に出てきました」
男性「去年は岡山から来たという人もいたよ。遠いところをご苦労さんです(笑)」
私「地元の方ですか?」
男性「そう。毎年、同じ写真を飽きもせずに撮りに来るんだ(笑)」
私「撮ってどうするんですか?」
男性「俺は読売写真クラブに入っているから、そこに出したり、葦焼きの写真展に出したり、いろいろだよ」
私「たまには入賞したりするんですか?」
男性「ないなぁ。ここんとこ、全然ない。そろそろ止めようかと思っている(笑)」
それから話はコウノトリに移った。5年ほど前に初めて飛来して以来、ほぼ毎年飛来するという。遊水地の中に人工の巣の塔も立てたという。いやにコウノトリへの想いが熱い。ヒカル、レイ、カズなどと名前で呼んでいる。今年も来ているという。昨年、岡山に旅行した時に見た<あれが確かコウノトリだったなぁ>などと思ったが<何十羽もいた>などとは言い出せない雰囲気である。
8時半の少し前に関係者と思われる男性十数名が土手の中央付近に集まった。同じジャンバーを着ている。「OYAMA CITY」と書かれ、背中に鳥の飛翔する絵があしらわれていた(写真)。NHKのカメラマンを囲んで冗談を言っている。
私「これから点火ですか?」
男「そう」
私「このジャンパーの背中の鳥はコウノトリですか?」
男「そうだよ」
ここの人はなぜこうまでもコウノトリが好きなのだろうか。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

スポンサーサイト



風光る

曲るたび光る風あり高速路



IMG_3928_convert_20200324204108.jpg



3月21日(土)、いよいよ葦焼き見学である。出掛けてきた。
カーナビで検索すると最初の目的地「生井の桜堤」まで129キロ、所要時間2時間半と出た。葦焼きの点火が8時半で、その1時間前にはカメラマンの三脚が土手にズラッと並ぶという。遅くとも4時半には出ようと考えていた。10分ほど遅れて出発した。車の中での会話である。
妻「いつも出掛けにドタバタするよね。前の日から準備しておけばいいのに……」
私「何だカンだと言っても、結果はオーライになるんだよ、いつも(笑)」
妻「……」
私「あっ!」
妻「何!どうしたの?大きな声を出さないでよ」
私「昨日の夜、寝る時に見ていた地図を枕元に忘れた。いろいろとメモを書き込んでおいたのに……」
妻「戻る?」
私「いいよ、行く場所は全部覚えているから」
妻「……」
私「あっ、歳時記も忘れた」
妻「……」
車はすでに高速道路に入っている。
妻「携帯電話の充電器は?」
私「それは持って来たけど……歯間ブラシと帽子も忘れた……」
まぁ、旅行が出来なくなるという訳ではない。準備という概念がスッポリと抜け落ちてしまったようである。
東北自動車道を走り、カーナビの指示通りに久喜インターチェンジで降りた。空は晴れ渡っている。
私「加須で降りると思ってたけどなぁ……」
妻「大丈夫?」
私「渡良瀬遊水地に一番近いのが加須だったんで、てっきりそこで降りると思っていたんだけど、カーナビがそう言うんだから間違いはないだろう(笑)」
妻「いい加減ねぇ(笑)」
私「俺よりカーナビの方が正しいよ」
妻「それはそうだけど、普通、それくらいは調べておくよね」
いろいろと言われながらも7時には目的地に到着した。予想では土手の駐車場は車で一杯のはずだったが停める場所に事欠かないくらいに疎らである。コロナウイルスの影響のようである。疎らとはいっても三脚は並んでいる(写真)。トイレに近い場所に停めて外に出てみた。
<寒い……>
モモヒキは穿いてきたが、セーターを忘れたようである。横浜で9℃だった気温が2時間半経って4℃に下がっていた。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

花散る

花散るや斜線だらけの予定表



IMG_4183_convert_20200331053641.jpg



30日(月)志村けんさん(70)の訃報が流れた。コロナウイルスに感染したことが報じられて6日目の出来事である。身近に感染した人がいなかったのでどこかで呑気に構えていた自分がいたようだが、この訃報でコロナの本当の恐ろしさに直面させられたような気がした。
私「驚いたなぁ、まさか亡くなるとはなぁ……」
夕食を摂りながらの会話である。
妻「病院側だって相当に手を尽くしたんでしょうけどね」
私「どこかに疾患でもあったんだろうか?」
妻「4年ほど前に肺炎を患っていたらしいわよ」
私「なるほどなぁ。高齢者や基礎疾患のある人は要注意というけど、本当だなぁ」
妻「会社の人は大丈夫なの?」
私「今のところは大丈夫。明後日の全体朝礼で不要不急の外出についてはご家族も含めて自粛してもらうようにお願いする」
妻「そうね。じゃ、高尾山はキャンセルするからね」
私「えっ、なんで?関係ないじゃん!」
妻「関係あるでしょ。人にお願いする立場の人が山登りに出掛ける訳にはいかないわよ」
私「山は大丈夫だよ、誰とも接触しないし」
妻「する。ガイドの人もいれば、参加者同士で話もする」
私「しない」
妻「する。するしないの問題じゃなくて、これはモラルの問題だよ。キャンセルするからね」
私「じゃ、俺一人で行ってくるよ」
妻「自分が移らないだけじゃなくて、人に移さないことも重要だよ。貴方が感染したら完全に私にも移るんだからね。私を守ってくれないの?」
私「……」
妻「はい、キャンセルするよ」
私「しょうがないなぁ。富士山が消えてしまう……」
妻「消えないわよ。コロナが終焉すればいつだって行けるでしょ」
私「フ~」
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

四月馬鹿

妻に説く三従の道四月馬鹿



20200324_convert_20200328161344.jpg



新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。東京都などの感染者数が増える中、これからどのように影響が及んでくるのかと慎重に見守っているところである。幸いにして今のところ会社の従業員や仕事の内容に直接的な影響は出ていないが、これからの展開次第では様々な事態も想定される。心して対処していこうと考えているところである。
そんな中、一発目の影響が出た。スマホに妻からメールが転送されてきた。
『クラブツーリズムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、お申込みをいただきました下記のご旅行でございますが、現時点でお申込みの方が最少催行人員に達しないため中止せざるを得なくなりました。
誠に申し訳ございません。謹んでお詫び申し上げます。
ご予約内容
「富士山に登り隊 第1回 高尾山から景信山 日帰り」』
<ムムムム、あんなに来ていた事前説明会だったのに……>(令和2年3月15日、ひこばえ「獺の祭」)
不要不急といえばその通りだが、山登りに「密閉、密集、密接」が該当するのだろうか。
<あっ、バスか!>
横浜から高尾山までバスで向かうことになっていた。確かにバスの中では3つの「密」が危ぶまれる。
<そうだなぁ。正しい判断だなぁ>
キャンセルした人達の心に思い至った。
私「どうする?金時山でも登ってくるか」
妻「今はそういう時ではないと思う」
私「閉じ籠ってばかりいるのもなぁ……コロナはおそらく長期戦だよ」
妻「旅行会社が中止するくらいだから山登りも問題なんだよ」
私「そうかなぁ……」
その数日後、手紙が届いた。クラブツーリズムからである。<返金手続きか何かかな?>と思って開けてみると別の日に行われる同じコースへの誘いである。
私「おお、やっぱり山自体には問題ないんだよ。バスに問題があったんだよ。よし行こう。申し込もう。一緒に行こうよ、お願い……」
妻「高尾山の集合場所まではどうやって行くの?」
私「車だよ。電車は危ない」
妻「そうね。それなら大丈夫かもね」
日時は変更になったが予定通り富士山を目指すことになった。妻も一緒である。富士山までの道のりは遠い。
「お願い……」が功を奏したようである(笑)。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

春山

春山に御廟といふも穴一つ



IMG_3806_convert_20200303172730.jpg



瑞泉寺に行った抑々の目的が初代関東公方足利基氏公の墓にお参りすることだった。瑞泉寺中興の祖であり、歴代の公方の墓も祀られている。庭園内を一回りしたあと墓のある場所を確かめようと山門まで戻った。山門の横に見取り図のような絵看板が立てられていたからである(写真)。ペンキで書かれた絵のようで全体に色褪せているが、よく見れば読めるようにはなっている。本堂、方丈、庫裡とあり、その右側の山のように描かれた場所に「開基足利基氏公廟所」と書かれている。
<どうやって行くのだろう?>
道があるようには見えない。庫裡で聞いてみようと思い、再び山門をくぐった。
「スミマセ~ン」
すぐに女性が出てきた。着物姿である。
「ご朱印帳ですか?」
「いえ、ご朱印ではありません。この裏にある基氏公のお墓にはどうやって行くのかと思いまして……」
「ああ、あいにく公開はしてないんですよ」
「えっ、見られないんですか?」
「はい、すみませんが……」
「写真なんかもないんですか?」
「はい、ありません」
ムムムム……折角来たというのに入れないようである。残念と言うしかない。
山を降りて再び総門のところに戻って来た。先程の男性と目が合った。
「ありがとうございました」
「結構、花、咲いてたでしょ」
「花はいいんですけど、見たかった基氏公の墓が見られなくってガッカリでしたよ」
「ああ、あそこはダメなんだよ」
「そこが見たいトコなんですよね(笑)」
「なんも、小さな穴倉の中に祠があるだけだよ」
「ホコラ?」
「祠っていうか、何ていうか、石を3つ4つ積み上げていて……」
「ああ、石塔だぁ。なるほど……」
見たことのある人には、特段何んということもない物のようである。しかし見ていない者には「一度でいいから……」という思いがある。何となく想像は出来たがあくまでもそれは想像に過ぎない。百聞は一見に如かず。心残りである。お礼を言って瑞泉寺を後にした。鎌倉宮の近くの蕎麦屋で十割蕎麦を啜って12時半には家に戻っていた。
                                 (令和2年作)




にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア