ひこばえ
background movie

金魚

早や知らぬ素振り金魚の名付け親



securedownload2_convert_20170421053659.jpg



鎌倉八幡宮にお参りに行き、境内の出店で孫のカズ君(4才)が金魚掬いをした。店のオヤジから受け取った紙の網をいきなり水に浸けたものだから1秒と持たない。1回300円。再びのチャレンジは娘が手を添えてやってみたが結果は同じである。しかし、よくしたもので掬えない場合は1回につき2匹の持ち帰りが出来るという。ビニール袋に水を入れ、出目金1匹と金魚3匹を大切に持ち帰ったのだった。家に帰って娘は水槽を用意し、ブクブクや砂や餌を買いに出掛け大わらわである。ご満悦のカズ君は4匹の金魚にそれぞれ名前を付けた。あまり難しい名前なので忘れてはいけないとメモ紙に書いて水槽に貼っておいた。その夜、3人娘が夕飯を食べに来た。それこそ大わらわである。

水槽の金魚を見ながらの私となっちゃんの会話である。私には少しだけお酒が入っている(笑)。
なつ「この黒いの、結構エサを食べるね」
私「あっ、なっちゃん、今、黒って言ったでしょ」
なつ「えっ、どうして?駄目なの?」
私「それは可哀そうだよ。この出目金には名前があるんだよ。名前があるのに黒なんて呼ばれたら悲しいよ。なっちゃんがひとみちゃんって呼ばれるみたいもんだよ。なっちゃんだって名前を間違えられたらイヤでしょ」
なつ「そりゃあ、イヤだけど……」
私「名前はカズ君がターコイズって付けたから、これからはターコイズって呼んでね」
なつ「変な名前(笑)」
私「しようがないよ。そういう名前にしちゃったんだから……」
しばらく、二人で餌を食べる様子を見ていた。
私「ホントだ。他の金魚に比べてこの黒いのは食欲があるなぁ」
なつ「あっ、おーちゃん、今、黒って言った!(笑)」
私「あっ、そうか。でもしょうがないよ、何んたって名前が難し過ぎるよ。なっちゃんだって何かを間違えることってあるでしょ」
なつ「ない、ない、名前は一度覚えたら絶対に間違えることはない。間違えたら可哀そうだよ(笑)」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

囀り

囀りに一音高き声のあり



IMG_2780_convert_20170405193459.jpg



1時ちょうどに入り、商談を終え会社を出たのが2時10分であった。2時50分の電車に乗ればいいのだから楽勝である。
「大丈夫だろう」
「はい、大丈夫です。30分には着きます」
車内であれこれ話しながら余裕を決め込んでいた。ところが大宮駅までの道路は一本道で何度も渋滞を繰り返す。どんどん時間は迫ってきて少し焦り始める。
「本当に大丈夫か?」
「大丈夫だとは思いますが、なにせ一車線ですから」
最後は駅の手前300メートルで車を降りることになり、急ぎ足で歩いたものである。駅構内に入りキョロキョロした。湘南新宿ラインの快速に乗るように言われている。
「あっ、これだ」
と思って降りたホームで待つこと5分。出発時間が迫って来るが、電光掲示板に一向に快速の案内が現れない。
「あれっ、間違えたかな?」側にいた駅員に聞いた。
「ああ、それは隣のホームです。もうすぐ電車が来ます。お急ぎください」
「ヒヤー!」
会社で印刷してもらった紙をよく読んでいなかった。見ると出発ホームの何番線まで書かれている。全く注意力不足である。そもそも意識がそこに行かないように出来ているのである。

何とか無事に南林間駅に辿り着き指導員の先生とも落ち合い、時間前に取引先に到着することが出来た。従業員の皆さんも待っていてくれた。
早速、活力朝礼の練習が始まった。やったことのない人ばかりだったので説明している間にも妙な緊張感が伝わってくる。何をさせられるのだろうかと不安に思っているようである。最初に手本を示した。姿勢の正し方、お辞儀の仕方、声の出し方、挨拶の仕方、本の持ち方などである。
「こんな感じで行います。これから皆さんにも同じことをやっていただきますのでマネをしてみて下さい」
全員にちょっとした余裕の表情が見られた。「ああ、こんなもの?」という感じである。初めのうちはぎこちなかった動作も繰り返すうちに覚えてくる。1時間ほどの練習で形が出来上がり、普通に大きな声が出始めた。
「簡単!これでいいんだ!出来る、出来る、これなら出来る!」という声が飛び出す。
いつも元気のない朝礼で困っていると話していた社長さんも嬉しそうである。
「どうなるかと心配していましたが、これなら大丈夫そうです。意外と簡単で安心しました。いい朝礼が出来そうです」と大喜びである。従業員の皆さんも喜んでくれて「こんなに簡単なものだと思いませんでした」と言ってくれた。
朝からいろいろあった一日だったが、埼玉でも座間でも感謝されることになり、ホッとした一日となったのである。
                                (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

春疾風

首塚や討たれし時も春疾風



IMG_2764_convert_20170405193257.jpg



幸手インターを降り5分ほど走った所に浄誓寺はあった。あたりは広大な畑である。山門を潜ると正面に本堂があり、その裏に首塚があった。周囲をコンクリートブロックに囲まれ、高さ3メートルほどの塚になっている。頂上に五輪塔が据えられていた。入口にあった説明書きでは上の3つは後世のもので、下の2つが江戸時代以前のものということである。「北葛飾郡内最古の五輪塔の可能性が高い」と書かれていたが、いやに狭い地域に限定しており、しかも「可能性が高い」という言い回し自体が何とも頼りない。
平将門は新皇となった僅か3ヵ月後の天慶3年(940年)2月14日(陽暦3月30日)、俵藤太(藤原秀郷)と平貞盛の連合軍に敗れ36才で討死している。首級は京まで送られて晒し首となったが、3日目に夜空へ舞い上がり、故郷に向かって飛んで行き、あちこちに落ちたという言い伝えになっている。最も有名なのが東京大手町の首塚である。すなわち、浄誓寺山門前の立札に書かれていた「愛馬が運んできた云々」というのは俄かには信じられないことなのだが、真実が分からない今となっては各地に伝わる言い伝えこそが手掛かりでありロマンなのである。
将門の最期についての文章を載せておこう。(吉川英治「平の将門」より)

乱れ立った敵陣のさまを見て、
「かかれっ。貞盛の首、秀郷の首、二つを余すな」
将門自身、馬を躍らせて敵の怒濤のなかへ没して行った。(中略)
まさに、乱軍の状である。いや、坂東の土が生んだ、将門という一個の人間の終末を、吹き荒ぶ砂塵と風との中に、葬り消すには、まことに、ふさわしい光景の天地でもあった。
将門はもう、将門という人間ではなくなっている。一個の阿修羅である。(中略)
刹那、彼の顔に矢が立った。
「…………」
何の声もなかった。
戦い疲れた顔が兜の重みと矢のとまった圧力に、がくと首の骨が折れたようにうしろへ仰向いたと見えただけである。
馬から、どうと、地ひびきを打ってころげ落ちた体躯へ向って、たちまち、投げられた餌へ痩せ犬の群れが懸るように、わっと、真っ黒な雑兵やら将やらが、寄りたかっていた。あっけなく、天下の騒乱といい囃すには、余りにも、あっけなく、相馬の小次郎将門は、ここに終った。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

花冷

花冷や麺に秘伝のタレ少し



32811b38_convert_20170405202824.jpg



当日朝9時には会社を出た。途中、手土産を買わなくてはならないし、高速道路がどれだけ渋滞しているのかも分からない。昼飯の時間も必要だからと少し早めに出発したのだった。道は所々で渋滞していたものの順調に進み、11時には目的地の近くまで到達した。
「随分と早く着いてしまったなぁ。早いけど、メシでも食うか」
「そうですね」
ということで、ラーメン屋に入ることになった。
「たっぷり時間があるので、ゆっくり食べようや」
席に着いてラーメンを注文した。店員が「タレはどうしますか?」と聞いてきたので「普通でいいです」と答えた。そのあと、スマホで「平将門、埼玉」と検索してみた。今、将門の本を読んでいて、そのうち茨城県の坂東市にでも行ってみようと思っていた所なのである。もしかして埼玉県にも将門ゆかりの場所があるかも知れないと思ったのである。するとすぐに「将門の首塚」がヒットした。「首塚かぁ、将門の首塚はどこにでもあるからなぁ」などと思いながら読んでみると、なんと俵藤太(藤原秀郷)との戦いに敗れた将門の首がその愛馬によって当地まで運ばれ、そこに埋められたと書かれているのである。
「ほんとかよ!」
浄誓寺、幸手市神明内1469と書かれている。ラーメン屋の女性に聞いてみた。
「ここから幸手市というのは遠いの?」
「そんなに遠くはないですよ」
「車でどれ位?」
「どれ位ですかねぇ」
曖昧である。すぐに住所をメモし、営業にカーナビで所要時間を見て来るように頼んだ。戻って来て彼が言う。
「ここから片道34分で行けます」
「何ィ!本当か。それじゃ10分間で首塚を見ていたとしても1時間半もあれば戻って来られるじゃないか。よし、行くぞ!早くラーメン食ってしまえ。ゆっくり汁なんか飲んでいる場合じゃないぞ」
その店の特製のタレというのが少々辛く出来ていた。「ゆっくり食え」が急に「急いで食え」に変わり、慌てて啜ったタレが辛いときている。「いやに唐辛子が効いていますねぇ」などと言うのを「いいから早く早く」と急き立て、5分後には店を出ていた。急いで乗り込み、車を急発進させたことは言うまでもない。
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

風光る

快速が飛ばし行く駅風光る



IMG_2388_convert_20170405211602.jpg



座間市にある取引先の会社に当社で行っている活力朝礼を勧めたところ、話を聞いてみたいということになり、月曜日の午後5時に指導員を連れて訪問することになった。実際のやり方を見てもらうために従業員の皆さんにも待っていてもらうことになった。指導員の先生には予定をやり繰りしてもらい30分前の4時半に南林間駅で落ち合うことにした。
予定を立てた翌日、知人から電話が入った。埼玉県にある会社で社長室と応接室を立派にしたいという話があり、日向さんの会社を紹介しておいたので対応してもらいたいとのことである。「有難うございます。了解です。対応させていただきます」と答えたことは勿論である。先方の社長からすぐに電話が入った。「時間指定して悪いのですが、来週の月曜日に営業マンを寄こしてもらいたいのですが大丈夫でしょうか?」とのこと。座間に行く日と同じ日である。営業マンだけでいいとその社長は言うのだが、ご紹介でもありそういう訳にもいかない。埼玉と座間ってどれ位離れているのだろう。移動にどれ位時間が掛かるのだろう。頭の中であれこれ考えたが一向に分かるものではない。しかも電話の感じでは相当に気の短そうな社長である。座間の時間は動かせないので、中4時間も取っておけば大丈夫だろうと思い、昼1時にお邪魔することを約束した。

会社に戻り、担当する営業に聞いてみた。
「行きはどうにでもなりますが、帰りは微妙だと思います」
「えっ、そんなに時間が掛かるのか?」
「先方での打ち合わせが1時に始まり、どれ位掛かるか分かりませんよね」
「そりゃそうだが、1時間もあれば大丈夫だろう」
「いやぁ、こればかりは内容次第ですので……」
「座間まではどれ位掛かる?」
「少なくても2時間以上は掛かると思います。ましてや、渋滞した時は動かなくなりますよ」
「うーん……」
確かに1時では余裕が無さ過ぎたかも知れない。一瞬、営業だけで行かせようかとも思ったが、初めてのお客様でもあり紹介者のこともある。困った!と思った時、電車はどうだろうかと思い立った。
「電車はどうだ。間に合わないか?」
すぐさまインターネットで検索して調べてもらうと、南林間駅に4時半に到着するには大宮駅で2時50分の電車に乗れば大丈夫ということが分かった。快速電車に乗るという。
「おー、全く問題なし。充分、充分。よし、それで行こう!」
                                 (平成29年作)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア